名雪祐平 14年9月27日放送

140927-01
本人の証明 ヘンリー・フォールズ

それを証明する、
指紋。

指紋の世界的研究は東京・築地で始まった。

1873年、来日したスコットランドの医師
ヘンリー・フォールズは、
日本人が証文などに自分の指で
拇印を押す習慣に興味をもち、指紋の研究を開始。

集めた数千の指紋は、
すべて異なっていた。
たとえ削っても再生した。
大人に成長しても変わらないことがわかった。

フォールズは、英国の科学雑誌『ネイチャー』に
指紋による犯罪者の個人識別の可能性を発表。

その後、科学的犯罪捜査の方法として
世界中に普及した。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login