松岡康 15年10月04日放送

151004-06
厚さの秘密

日本を代表する辞書、広辞苑。
その編纂者は新村出(しんむらいづる)。
明治9年の今日生まれた言語学者である。

発売から50年以上経ち
初版本から約4万語、700ページ以上も増えているが、
なんと広辞苑の厚さは変わっていない。

その秘密は一枚一枚の紙にある。
ページが増えた分だけ、紙を薄くしているのだ。

紙を薄くすれば裏の文字が透けてしまう。
それを防ぐために最新の技術で、
光を散乱させる炭酸カルシウムや
二酸化チタンを紙に漉き込んでゆく。

50年かけて進化したのは、
日本語だけではないのだ。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA