飯國なつき 15年11月22日放送

151122-07
愛のかたち それぞれの愛

作曲家エドワード・ウィリアム・エルガーは
29歳のとき、ピアノの弟子を取った。

キャロライン・アリス・ロバーツ。

その後、エルガーの妻となり、仕事のマネージャーとなり、
心の支えとなり、音楽には的確な批評を与え続けたアリス。
彼女の日記にはこう残されている。

「天才の面倒を見るというのは、
 いかなる女性にとっても
 生涯の仕事として十分なものです。」


彼女への贈り物として、
エルガーは、ヴァイオリンとピアノのための小品
『愛の挨拶』を捧げた。

2人それぞれが、心をこめて形作った
愛のかたちがそこにあった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA