Vision > 2017 > 3月 > 05

2017 年 3 月 5 日 のアーカイブ

大友美有紀 17年3月5日放送

170305-01
建築家たち 宮脇檀

宮脇檀(みやわきまゆみ)。
白檀の「檀(だん)」と書いてまゆみと読ませる名前。
男性であり、建築家である。
1960年代後半からの70年代にかけての
「ボックス・シリーズ」と呼ばれる住宅設計で
知られている。
設計活動と並行して執筆活動も精力的に行った。

 啓もうしないといい建主が育たない。
 みんなが住まいや建築のことを教養として
 知ってくれれば、もっと設計がしやすくなる。


建築の中で一番住宅が好きだと言っていた宮脇。
21世紀の住宅について、意見を聞いてみたい。


topへ

大友美有紀 17年3月5日放送

170305-02
建築家たち 林雅子

昭和ひとけた生まれの林雅子。
敗戦後、日本女子大学で住居学を学んだ。
「一生続けられる仕事」の進路を消去法で
選んだ結果だった。
23歳の時、友人に頼まれ戸建て住宅を設計する。
家の中央に家族が集まるリビングを配した、
当時としては斬新なものだった。
リビングキッチンの最初の例として、
雑誌に取り上げられた。

 ぎりぎりの過不足ない状態を求めるのが
 「作ること」そのもの

 
林は「物は少なく、事は単純に」という
ベーシックな信条を持っていた。
現代のミニマリストにも支持されそうだ。


topへ

大友美有紀 17年3月5日放送

170305-03 meenaghd
建築家たち 丹下健三

世界のTANGE。丹下健三。
世界のモダニズム建築家たちと同列に評価された建築家。
代々木競技場では、鉄骨とケーブルを用いた
吊り構造を世界で初めて実現した。
構造研究家の考えをあえて否定した、
より高度な形態原理の発明への挑戦だった。
その一方で、プロデューサーとしても優れていた。
大阪万国博覧会の基幹施設を任された時、
菊竹清訓(きくたけきよのり)、磯崎新、黒川紀章など
ひと世代下の建築家たちと議論を重ね、
岡本太郎という異才と格闘しつつ、お祭り広場を作り上げた。
 
 WILLという言葉には意思という意味のほかに
 遺言という意味がある。
 先生が残された数々の建築はWILL/遺言になるだろう。
 そしてもう一つの意味、建築を構築しようとする意思。
 それを忘れてはいけない。

 
磯崎新の弔辞である。
丹下のWILLは日本のそこかしこに残されている。


topへ

大友美有紀 17年3月5日放送

170305-04 kuromeri
建築家たち 西岡常一

法隆寺「昭和の大修理」を手がけ、
鬼と呼ばれた宮大工、西岡常一。
大木を使った伝統的な建築技法が途絶えそうになった時、
渾身の力を振り絞って木造の伽藍を作り続けた。
鉄の補強材を使うことには猛反対した。

 鉄は百年もてばいい方で、
 その後は錆びてボロボロになる。
 周囲の木材を腐らせて力を受けられない状態にする。
 千年もつ木の寿命を、わざわざ鉄を使って
 百年、百五十年に短くすることはない。


古建築の修理を多く手がけた宮大工の言葉は、
千年先にも伝えたい言葉だ。


topへ

大友美有紀 17年3月5日放送

170305-05 Osbornb
建築家たち ピーター・ライス

アイルランド出身のピーター・ライスは、
パリのポンピドー・センターを手がけた構造エンジニアだ。
建築デザイナーと組んで、
建築物の構造に関わる部分を設計する技術者である。
1972年、ライスは大阪万博の「お祭り広場」の大屋根を見学した。
スペースフレームで作られた屋根の
ボール型鋳鋼ジョイントを見て、いたく感激したという。
ポンピドー・センターは、ガープレットと呼ばれる鋳鋼の大梁の
構造フレームが使われている。その重さは10トンもある。
 
 構造に驚きや意外性を持たせる。
 身近なスチールの鋳物をつかって
 常識はずれの方法で組み立てたら、
 建物は近づきやすく親近感のあるものに
 なるに違いない。


意外性がどう親近感になるのか、
それはポンピドー・センターや
ライスがその後手がけた
ルーブル美術館のガラスのピラミッドを見れば、
感じ取れるだろう。


topへ

大友美有紀 17年3月5日放送

170305-06 soho42
建築家たち 黒川紀章

かつて「メタボリズム」という建築運動があった。
建築や都市の計画に時間的な概念を導入し、
可変性や増築性を提示した。
その一つが黒川紀章設計の中銀カプセルタワーだ。
各部屋はカプセルで理論上は交換できるシステム。
黒川紀章は晩年、都知事選や参院選に出馬し、
ちょっと変わった人だったと思われがちだ。

 自分は建築家としては残らないが、
 思想家としてはのこる。


その言葉のように、
黒川紀章を語るとき、
カプセルタワーが語られ、
彼の思想もまた語られる。


topへ

大友美有紀 17年3月5日放送

170305-07 Hiroyuki Tsuruno
建築家たち 吉阪隆正

汽車の窓越しに見える自然は、
すでに原始状態ではない。
長い年月の間、人間が加工してきた結果、
半人工的になったものしか見られない。
人工と自然を対立するものととらえない建築家、
吉阪隆正は探検の旅を重ね、独特の視点を育んだ。

 人間が土地の上で建築を作るのではなく、
 土地が人間をして建築を作らしめている。


1965年の伊豆大島の大火の後、すぐに現地に飛び、
島を歩き、島の素晴らしさを発見した。
古い墓場などを残すまちづくりにつなげていった。


topへ

大友美有紀 17年3月5日放送

170305-08 Yawatahamangcc2016
建築家たち 松村正恒

 外観から設計してはいかん
 
 建築を作ること、
 それ自体は大きなことではない。
 建築はしょせん器にすぎないのだから


市役所で設計活動を行っていた松村正恒。
1954年、全国で初めてクラスタータイプの学校となった「新谷中学校」を、
1958年、ベランダやバルコニーが川に突き出している
「日土(ひづち)小学校」などを手がけた。
子どもたちの目の高さを考慮した設計、
内部で使う人のこと思い、作られた学校は、
今の時代にこそ必要かもしれない。
松村の作品は1960年発刊された雑誌の
「建築家ベスト10 —日本の10人— 」の
企画で取り上げられた。



topへ


login