川野康之 17年11月18日放送

171118-02 くろふね
『津軽』を行く

青森駅を出てしばらくすると、
津軽線の車窓からは、左手に梵珠山脈が見えてくる。

「この山脈は津軽半島の根元から起ってまっすぐに北進して
 半島の突端の竜飛岬まで走って海にころげ落ちる。」


と太宰は『津軽』の中で書いている。
つまり梵珠山脈は津軽線といっしょに走るのである。
太宰が乗ったバスの窓からも見えていたに違いない。
太宰の生まれ故郷の金木はこの山脈の向こう側にある。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login