2017 年 12 月 23 日 のアーカイブ

川野康之 17年12月23日放送

171223-01
正岡子規が大好きだったベースボール

正岡子規、幼名のぼる。
故郷松山を出て上京し、第一高等学校に通ううち、ベースボールを知った。
下宿の部屋で、手を挙げて高く飛んだり、手を下げて体を落としたり、
面白そうに球の受け方の真似をしていたという様子が伝えられている。

 球うける極秘は風の柳かな

フライを受けるコツを詠んだ句だと思われる。


topへ

川野康之 17年12月23日放送

171223-02
正岡子規が大好きだったベースボール

正岡子規、幼名のぼる 。
ベースボールの面白さにはまり、寄宿舎の友人たちを集めてチームを作った。
門前の道路を隔てた空き地が彼らのフィールドだった。
子規のポジションはキャッチャー。ときどきピッチャー。
左利きだが、投げるときは右だった。

 九つの人九つの場を占めてベースボールの始まらんとす

プレー前のはやる気持ちが伝わってくる。


topへ

川野康之 17年12月23日放送

171223-03
正岡子規が大好きだったベースボール

正岡子規、幼名のぼる。
当時ベースボールの何たるやをほとんど知らなかった日本人のために、
「よし、ここは一つ、あしが」と、一文を書いてそのルールや楽しみ方を紹介した。
直球、打者、走者、飛球、四球などの用語は子規がその時考え出したもので、今でも使われている。

 今やかの三つのベースに人満ちてそゞろに胸のうちさわぐかな

満塁のチャンスの興奮をうたった歌である。


topへ

川野康之 17年12月23日放送

171223-04
正岡子規が大好きだったベースボール

正岡子規、幼名のぼる。
ベースボールが大好きだった子規は、
「野球」と書いて「のぼーる」と読む筆名を名乗ったことがあった。
帰省した時には、松山の後輩たちにベースボールを教えた。
河東碧梧桐と高浜虚子もその中にいた。

 若人のすなる遊びはさはにあれどベースボールに如くものもあらじ

ベースボール好きが増えることが子規はうれしかったに違いない。


topへ

川野康之 17年12月23日放送

171223-05
正岡子規が大好きだったベースボール

正岡子規、幼名のぼる 。
病気を発症してからも、子規はベースボールのグラウンドに立つことをやめなかった。
いよいよ病気が重くなって、一人で歩くこともできなくなると、
病床の中で寝たまま、ベースボールの歌や俳句を詠んだ。

 夏草やベースボールの人遠し

野を跳ねるボールを、のぼるは追いかけていたのだろうか。


topへ


login