2018 年 2 月 3 日 のアーカイブ

佐藤延夫 18年2月3日放送

180203-01 Sulgenau
小説の舞台 ヨハンナ・シュペリ

スイスとリヒテンシュタイの国境にある小さな街、
マイエンフェルト。
そこからほど近いイェニンス村は、
「アルプスの少女ハイジ」の舞台と言われる場所だ。

作者のヨハンナ・シュピリも
チューリッヒ州の山村で育ったため、
作品の中には、彼女の愛したアルプスの大自然が描かれている。

私たちがよく知るアニメとは違い、
原作のハイジは、それほど平和な世界ではない。
ペーターは嫉妬深い少年であり、
セントバーナード犬も登場しない。


topへ

佐藤延夫 18年2月3日放送

180203-02
小説の舞台 フランソワーズ・サガン

太陽の光を浴びて青く輝く海。
上から見下ろすと、白い模様のようにクルーザーが浮かぶ。

フランス南部、イタリアとの国境付近にあるリゾート地、
リヴィエラ海岸は、小説「悲しみよ こんにちは」の舞台となった場所だ。

当時、フランソワーズ・サガンは18歳。
作品がベストセラーとなりメディアの注目を浴びたが、
薬物やギャンブルで身を滅ぼすことになる。
サガンの有名な言葉をひとつ。

「ハッピーエンドで終わる偉大な小説はありません。」

それはまるで、彼女の生き様のようでもある。


topへ

佐藤延夫 18年2月3日放送

180203-03 fui
小説の舞台 ヘルマン・ヘッセ

ドイツの南西部、バーデン=ヴェルテンベルク州に、
気高く佇む修道院がある。
マウルブロン修道院。
それは、小説「車輪の下」の舞台になった場所だ。
広大な敷地は城壁と壕に囲まれ、
礼拝堂のほかに診療所、食堂、宿泊所などの建物も並ぶ。
ヘルマン・ヘッセも14歳のとき、この神学校に入学したが、
わずか半年で脱走している。

「人生とは孤独であることだ。誰もほかの人を知らない。みんなひとりぼっちだ。」

そんな彼の言葉が似合う静謐な修道院は、
1993年、世界遺産に登録されている。


topへ

佐藤延夫 18年2月3日放送

180203-04
小説の舞台 ルイス・キャロル

900年以上の伝統を誇るカレッジ。
煉瓦造りの建物、青空を刺すような教会の尖塔は、
眺めているだけで襟を正したくなる。

イギリスの大学都市、オックスフォード。
ここは「不思議の国のアリス」の作者、
ルイス・キャロルが暮らした場所だ。

本名は、チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン。
オックスフォードの数学講師でもあった彼は、
ある日、少女たちに奇想天外な物語を話して聞かせた。
即興でつくったストーリー「地下の国のアリス」は、
「不思議の国のアリス」というタイトルに変わり、
現在では200以上の言語で翻訳されている。
ルイス・キャロルは、こんな言葉を残した。

「どっちへ行きたいかわからなければ、どっちの道へ行ったって
大した違いはないさ。」


きっと、それが不思議の国で生き抜くヒント。


topへ

佐藤延夫 18年2月3日放送

180203-05 LaurPhil
小説の舞台 アルベール・カミュ

リュベロン山地をのぞむ小さな村。
ぶどうやオリーブ、アーモンドの木が並ぶ。

フランス南部の村、ルールマラン。
ここは作家アルベール・カミュが晩年過ごした場所だ。

パリを拠点としていたカミュは、
結核の症状に悩まされるようになり、
プロヴァンス地方の小さな村をいたく気に入った。

「人生の意味ばかり探している人は、生きているとは言えない。」

そんな彼の言葉が似合う場所は、
フランスの最も美しい村に認定されている。


topへ


login