2018 年 2 月 10 日 のアーカイブ

川野康之 18年2月10日放送

180210-01
浜口庫之助が産んだ歌

ラテンバンドを結成して『紅白歌合戦』にも出場した浜口庫之助。
しかし何かが物足りなかった。
自分が本当に歌いたい曲がないことに、ふと気がついた。
「よし、それなら僕は作る方にまわろう」
歌手をやめて、作曲家をめざした。
お金はなかったが、歌を作るのは、自由で、楽しかった。
最初の曲が生まれた。

 僕の恋人 東京へ 行っちっち
 僕の気持ちを 知りながら
 なんで なんで なんで



topへ

川野康之 18年2月10日放送

180210-02
浜口庫之助が産んだ歌

「音楽家は人生のラッパ手だ」と、浜口庫之助は言う。
大衆の気持ちを、生活の最前線に立って、わかりやすい言葉で歌にして吹いていく。
その歌の中には、生きている人間そのものがいる。
かっこつけない気持ちが歌になる。

 愛しちゃったのよ 愛しちゃったのよ
 あなただけを 死ぬ程に



topへ

川野康之 18年2月10日放送

180210-03
浜口庫之助が産んだ歌

こんなことが歌になるのか。こんな小さなことが。
多くの人が驚いた。
どんなことでも歌っていいんだ。
それは日本人が新しい自分たちの音楽を手に入れた瞬間だったかもしれない。
この曲の後にフォークソング時代がやってくる。

 バラが咲いた バラが咲いた まっかなバラが
 淋しかった僕の庭に バラが咲いた



topへ

川野康之 18年2月10日放送

180210-04
浜口庫之助が産んだ歌

作曲家とは歌を産むニワトリである、と浜口庫之助は語っている。
「僕を感激させるものに出会ったとき、僕は歌を産む」
生まれた歌は、人の耳に入ると、その人の心の中に生きる。
出会いと別れ。生と死。
ハマクラ・メロディーは人の一生の中で輝き続ける。

 恋は短い 夢のようなものだけど
 女心は 夢をみるのが好きなの



topへ

川野康之 18年2月10日放送

180210-05
浜口庫之助が産んだ歌

浜口庫之助と出会って恋をして、結婚を決意する前。
真弓夫人は周囲の猛反対に会い、自分自身もぐらついたという。
何しろ、二人は27歳も離れていたのだ。
そんなとき、庫之助から眞弓に手紙が届いた。
便箋に楽譜が1行だけ書いてあった。

 ミファミドミー
 (愛してる)


真弓の気持ちは決まった。



topへ


login