2019 年 4 月 27 日 のアーカイブ

福宿桃香 19年4月27日放送

contri
平成よ、ありがとう。 「平成元年」

平成の時代が始まったのは、1989年のこと。
当時まだバブル崩壊前だった日本では、
肩パッドや丸メガネ、太眉に赤リップなど
派手で押しの強いファッションが定番であった。

その後はカリスマのスタイルをみんなが真似した90年代、
そして、自分らしさを重視するようになった2000年代がつづく。

2019年現在、日本では再び太眉赤リップの時代が訪れ、
今年のパリコレには、バブルの再来を思わせる肩パッドも登場している。
平成と令和のはじまりは、案外、似ているのかもしれない。

平成よ、ありがとう
いよいよ、令和へ。


topへ

仲澤南 19年4月27日放送

k14
平成よ、ありがとう。 「平成5年」

平成5年の女子高生にとって、
ポケベルは必需品だった。
数字や簡単な文字を受信できる、
小さな無線受信機だ。

人気に火をつけたのは、「語呂合わせ」。
平成5年当時のポケベルは、
数字しか送ることができなかった。
そのため女子高生たちは、
語呂合わせでメッセージを送ったのだ。
428で「渋谷」
724106で「なにしてる?」…。

そんなポケベル、
平成の時代が幕を閉じるのを追うかのように、
今年9月にサービスを終了する。
010…令和の時代には、
果たしてどんなコミュニケーションツールが
生まれるのだろうか。

平成よ、ありがとう。
いよいよ、令和へ。


topへ

藤本宗将 19年4月27日放送


平成よ、ありがとう。 「平成9年」

平成は「破綻」の時代でもあった。
上場企業の倒産は200件を超え、昭和の3倍のペース。

その象徴的な年が平成9年だ。
11月3日、三洋証券が破綻。
同じ月に北海道拓殖銀行・山一證券・徳陽シティ銀行が
連鎖するように破綻し、
多くの銀行で取りつけ騒ぎまで起きた。
護送船団方式によって守られてきた
「金融機関はつぶれない」という神話の崩壊だった。

以後さまざま々な改革が行われ、いまも模索は続く。
それは日本経済を鍛え直す過程だという
見方もできるかもしれない。

平成は失われた時代だったのか。
次の成長への準備期間だったのか。
それを決めるのは、これからを生きる私たちだ。

平成よ、ありがとう。
いよいよ、令和へ。


topへ

村山覚 19年4月27日放送

yutaka-f
平成よ、ありがとう。 「平成10年」

音楽を聴きたいという気持ちは
いつの時代も変わらないが、
音楽メディアは次々と変わってきた。

レコード盤、カセットテープ、CD、MD、
近頃では定額制のストリーミング配信や
動画サイトで聴くという音楽ファンも多いだろう。



音楽CDが最も売れた年は、平成10年。
ミリオンセラーのアルバムが25枚、シングルも14枚。
1年間に約4億5717万枚ものCDが飛ぶように売れた。
家で、車で、たくさんのCDが山積みになっているのが
当たり前の光景だった。

20年の時が流れ、今ではCDを一切買わない、
借りないなんて人も増えている。音楽チャートのランキングも、
CDが売れた枚数だけでなく、ダウンロード数や
ストリーミングの再生数を合算するようになった。

モノを所有して積み上げる時代から、モノを持たない時代へ。

そういう意味で考えると「ラジオから流れる音楽」というのは
とても現代的なものに思えてくる。大正14年から始まった
ラジオ放送は、次の時代も、いい音楽を皆さんにお届けする。



平成よ、ありがとう。

いよいよ、令和へ。


topへ

永久眞規 19年4月27日放送


平成よ、ありがとう。 「平成13年」

たった30年ちょっとの平成で、
めまぐるしく変化したものがある。

それは東京の改札事情だ。

自動改札が東京に導入されたのは、平成2年。
大阪からなんと約20年遅れてのことだった。

しかし、その遅れを取り戻すかのように
JR東日本で開発されたものがある。

平成13年、「Suica」の誕生である。
自動改札の導入からその間たったの10年。

人力から、自動、さらにその先へと、
JR東日本はものすごい速さで駆け抜けていった。

それから約20年。
このカードが、私たちの支払い方や暮らし方まで
変えてしまうなんて、誰が想像しただろう。

平成よ、ありがとう。
いよいよ、令和へ。


topへ