大友美有紀 19年9月7日放送


額縁の話 歴史

西洋の額縁は、祭壇画から始まったと言われている。
絵板に描かれた宗教画を取り囲む画枠には、
装飾が施され、庇のようなものが備わっていることもある。
これには、ほこり除けの意味もあったようだ。
日本の額縁は、もともと神社や仏閣の「名」を彫り込んだ
横長の扁額(へんがく)で、
書を篆刻(てんこく)した木の板の縁に、
装飾を彫り込んだものが原型と言われる。

西洋でも東洋でも額縁が「祈り」の場から誕生したことは
とても興味深い。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login