薄景子 20年3月29日放送


春野菜のはなし  春の皿には苦味を盛れ

「春の皿には苦味を盛れ」
日本にはそんな諺がある。

フキノトウ、タラの芽、菜の花など、
春ならではの山菜や野菜の苦みや香りこそ
この時期いただかなくちゃ、もったいない。

そのとおりではあるが、
それだけではない。

春野菜の苦みの正体は、
ポリフェノールなどの抗酸化作用をもつ成分。
冬に溜めこんだ体の老廃物を
きれいに掃除してくれる働きもある。

さあ、いよいよ新年度。
春野菜の苦みの力を借りて、
心に溜めこんだほろ苦い思いも
すっきり手放してみませんか。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login