Vision

伊藤健一郎 17年2月18日放送

170218-02 kaex0r
ギターウルフの話 ベースウルフ

日本のガレージロックバンド、ギターウルフ。
ベースウルフことU.Gは、二代目のベーシストだ。
初代ベースウルフのビリーが急逝し、その後を継ぎ加わった。

加入当時のU.Gが好んだ音楽はヒップホップ。
ロックンロールは、ギターウルフしか知らなかった。

それでも新メンバーとして招かれたU.G。
採用理由は、実にシンプルだった。

 ベースを手にしたこともない。
 ただ、島根の田舎でたいそうな不良だった。


ギターウルフ曰く、ロックンロールは、
一にルックス、二に気合い、三にアクション!

唯一無二のベーシストに進化したU.Gは、
惜しまれつつも今年、ギターウルフを去る。
つまり、ギターウルフは新たにベーシストを募集するわけだが、
彼らの公式ホームページに打ち出された条件はただひとつ。

 海外でぶっ飛ばせる奴!



topへ

伊藤健一郎 17年2月18日放送

170218-031 axlright
ギターウルフの話 キャロル

日本のガレージロックバンド、
ギターウルフはアメリカツアーの最中に、こう吠えた。

 ユー ハブ エルヴィス!
 ウィー ハブ キャロル!


本能むき出しの爆音で、全米を熱狂させたギターウルフ。
ジャパニーズロックの血を引く狼は、
最高にゴキゲンな夜、決まった曲でアンコールにこたえる。

YAZAWAの名曲“アイ・ラブ・ユー、OK”

 I love you, OK この世界に
 たった一人のおまえに 俺の愛のすべてを捧げる




topへ

伊藤健一郎 17年2月18日放送

170218-04 masao nakagami
ギターウルフの話 タイトル

ガレージロックバンド、ギターウルフのセイジ曰く、

 いいタイトルさえ思いつけば勝ったも同然。

火星ツイスト、ガソリン子守歌、ソ連のヒロシ、チラノザウルス四畳半…
出会うはずのなかった単語と単語が結びつき、ウルフのロックは産声を上げる。

マグマ信長という曲には、こんな歌詞がある。

 野望なかばの 切腹シェイキン 炎の中の 本能寺
 … あいつは、ヤバい マグマ信長

壮絶な死に際は、まさにロックンロール。
本能寺の変から、400年のときを経て復活した信長も、
さぞかし本望だと思います。



topへ

伊藤健一郎 17年2月18日放送

170218-05 PharPhoto
ギターウルフの話 悩み?

1987年に結成された、3ピースバンド、ギターウルフ。

狼たちが放つサウンドは、まるで暴力だ。
「音がデカ過ぎて、機材がイカれる」
「ライブの爆音と状況は命の危険さえ感じる」

とあるライブ終わりに、1人の男がギターのセイジに叫んだ。

「悩みがぜんぶ吹っ飛びました!」

すると、セイジは笑ってこう返した。

「悩み?そんなのあってどうするんですかー!」


ロックンロール。



topへ

森由里佳 17年2月12日放送

170212-01
ファッションの言葉 その男の魅力

レディー・ガガの靴を作った日本人として、
一躍脚光をあびた舘鼻則孝。

藝大出身のシューズデザイナーという、
一風変わった経歴をもつ彼は、
デザイナーになったきっかけをこう語る。

 洋服や靴って人を形容するものだと思うんです。
 身につけるものの力は、その人自身に影響する。
 そういう力のあるものを、自分で作れたらいいなぁと思って。


世界の歌姫を魅了したその靴は、
世界を魅了したと言っても過言ではない。



topへ

森由里佳 17年2月12日放送

170212-02 -Porsupah-
ファッションの言葉 その男の問い

舘鼻則孝。
若くして世界中のコレクターの心をつかむ、
シューズデザイナーだ。

 昔の技法や素材、かたちを
 自分なりの解釈・表現をしたら
 どのようなものが生まれるのかということに、
 とても興味があります。
 現代を生きる自分が蘇らせるとこうなる、という。


舘鼻則孝は、
すでに確立されているものでも、問いかけることを忘れない。
デザインには、「完成」
という言葉はないのかもしれない。



topへ

森由里佳 17年2月12日放送

170212-03 Noritaka_Tatehana
ファッションの言葉 その男のビジョン

舘鼻則孝。
世界が注目するそのシューズデザイナーは、
2012年秋のインタビューでこう答えていた。

 5年後の自分のビジョンですか。
 …まったく違うことをしていてもいいと思います。
 それが結局、前に進んでいるということなので。


その言葉のとおり、去年の秋には、
東京・パレスホテルで、
自身初となるフードメニューのディレクションも行っている。

今年の秋、いよいよその「5年後」がやってくる。
舘鼻は、いったいどんなことをしているのだろう。



topへ

蛭田瑞穂 17年2月12日放送

170212-04 ume-y
ファッションの言葉 川久保玲の哲学

1997年の春。
ファッションブランドのコム・デ・ギャルソンが顧客に送った
ダイレクトメールにはこんなあいさつが書かれていた。

 すでに見たものでなく、
 すでに繰り返されたことでなく、
 新しく発見すること。
 前に向かっていること。
 自由で心躍ること。
 コム・デ・ギャルソンは、
 そんな服作りをいつもめざしています。
 1997年春の服がそろいました。
 どうぞおでかけください。


それはコム・デ・ギャルソン創業者川久保玲の、
服づくりの哲学に他ならない。



topへ

蛭田瑞穂 17年2月12日放送

170212-05 im nothing in particular
ファッションの言葉 川久保玲の炎

コム・デ・ギャルソンの創業者川久保玲は
ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで
ファッションの現在についてこう語っている。

 多くの人がファストファッションを求める状況に、
 私の創造の炎は少しばかり弱まっています。
 しかし、馬鹿げた振る舞いをすることも、
 愚か者を演じることも、(中略)
 ファッションビジネスには不可欠であり、
 いまだに私はそれが好きなのです。
 クリエイションこそが私を奮い起こさせますし、
 クリエイションのないところに進歩はありません。


川久保玲の創造の炎は、決して消えることがない。



topへ

蛭田瑞穂 17年2月12日放送

170212-06 mollyali
ファッションの言葉 川久保玲のクリエイション

コム・デ・ギャルソンの創業者川久保玲にとって服づくりとは何か。
川久保はこう語る。

 私は自分の仕事をアーティストと考えたことはありません。
 私がやってきたのはただ、クリエイションというビジネスです。
 かつて存在しなかったものを創造すること。
 そして創造と表現をビジネスに結びつけること。
 私にはデザイナーと実業家を切り離して考えることはできません。
 私にとってそれは一体なのです。





topへ


login