藤曲旦子 20年3月28日放送

違いがわかる男
春の訪れ。

大昔、つくしは「つくづくし」と呼ばれ、
春の季語として、よく用いられていた。
かの有名な正岡子規も、こんな歌を残している。

「つくづくし摘みて帰りぬ煮てや食はん
ひしほと酢とにひでてや食はん」

なんと、「つくしを煮て食べようか
酢醤油に浸して食べようか」と歌っているのだ。

ちなみに正岡子規は、余程つくしが好きなのか、
俳句でも「家を出て、土筆摘むのも何年目」
「病床を三里離れて土筆取」などと、いくつも詠んでいる。

正岡子規を虜にした、春の風味。
味わえるのは、今だけですよ。



topへ

藤曲旦子 20年3月28日放送


春の訪れ。

春になると、土手や野原
田圃や畑からニョキッと顔を出す「土筆」。
その姿が、筆を逆さにして、
土につき刺したように見えることから、
漢字で「土」に「筆」と書いて「つくし」と読む。

では、ここで問題。
英語で「つくし」は何と呼ばれているだろう。

答えは「horsetail(ホーステイル)」。
Horseは「馬」、tailは「しっぽ」を意味するので、
馬のしっぽに例えられているのだ。

ちなみにアメリカのつくしは、
日本のものより、4倍近く大きいようで、
食べるという習慣はないそうだ。


topへ

藤曲旦子 20年3月28日放送



春の訪れ。

冬には、すっからかんとしていた
土手や原っぱも、少しずつ賑わい始める。
よく見ると、緑の葉っぱに混じって茶色い小枝のようなものが
1本、2本、3本・・とまっすぐ生えている。つくしだ。 
実はこのつくし、生える時期が2回あることをご存知だろうか。

1回目は、2月下旬〜3月中旬頃。
2回目は、3月下旬〜4月上旬頃。

つくしは食べることのできる植物だが、
2回目のものの方が、長く地面で栄養を蓄えた分、
美味しいのだとか。

桜が美しい季節である春。
つい目線を上に向けてしまいがちだが、
足元にひっそり隠れた春の訪れを探してみてはどうだろうか。



topへ

川田琢磨 20年3月28日放送


いろんな科学者『ベルヌーイ家』

「勉強しなさい」
誰もが一度は耳にしたセリフではないだろうか。
だが、まじめに勉強したことが原因で、仲違いした親子もいたようだ。

ダニエル・ベルヌーイ。
親子3代に渡って、8人の数学者を輩出した天才一族「ベルヌーイ家」に生まれた、
18世紀の数学者。

そのダニエルの父、ヨハンもまた、優秀な数学者だったが、
有り余る息子の才能に嫉妬し、彼が数学を学ぶことに猛反対。
挙句の果てに、家から勘当してしまったという。

しかし、ダニエルはその後も研究を続け、
流体力学の礎となる「ベルヌーイの定理」を導いた。

どうやら勉強というものは、
親が口出ししたところで、あまり意味はないらしい。


topへ

川田琢磨 20年3月28日放送


いろんな科学者『日曜作曲家』

「だったん人の踊り」で有名なオペラ「イーゴリ公」。
これを手掛けたロシアの作曲家、アレクサンドル・ボロディンは、
非常に筆が遅いことで有名だった。

1つの作品に5年や10年かけるのは当たり前。
イーゴリ公にいたっては、
19年もの歳月を費やした結果、
ついに未完のまま、その生涯を終えてしまった。

彼の本職は、実は作曲家ではない。
「ボロディン反応」という、
有機化学の教科書に載るほどの発見をした、科学者なのだ。

研究者として多忙な日々を送る傍ら、
仕事の合間を縫って、作曲をたしなんでいたボロディン。
彼は自らを、「日曜作曲家」と呼んでいた。

明日は日曜日。
私たちは、どんな新しい自分に出会えるのだろう。


topへ

澁江俊一 20年3月22日放送

NASA
私たちに許された水

今日は世界水の日。
水について
考えてみたくなる日。

地球上にある水のうち
人間が利用できるのは何%くらいか
ご存知だろうか。

地球上にある水は97%が海水。
淡水の割合はわずか2.5%。
しかもその約7割が氷河なので
人間が水資源として利用可能な淡水は
地球上の水の0.007%にすぎない。

しかも安全で清潔な水となると・・・

水がないと生きていけない。
私たちだからこそ
今日だけでなくこれからも
水のことを少しずつ考え続けていきたい。


topへ

澁江俊一 20年3月22日放送

NASA
宇宙で飲む水の行方

今日は世界水の日。
水について
考えてみたくなる日。

宇宙で暮らす宇宙飛行士たちを
日々支えている数多くの最先端技術。
それはかなりの確率で
我々地上で暮らす人間の未来も
支えてくれるものになるだろう。

例えば水の技術。
国際宇宙ステーションでは
クルーのおしっこを大きな装置で
蒸留し、精製して飲料水にして飲んでいる。
究極にサステナブルな循環の姿。

この装置は宇宙飛行士の健康だけでなく
国境や人種を超えて助け合う精神も
支えている…そんな気がしないだろうか。


topへ

澁江俊一 20年3月22日放送

RESPITE
水がつくる日本の心

今日は世界水の日。
水について
考えてみたくなる日。

日本の地形は急峻で、
雨が降ると川の水も勢いを増す。
一方ヨーロッパの川は
なだらかな平野部をゆっくりと流れていく。
 
この水の流れが
人間の精神にも影響を与えた。
水環境はそこに生きる人の心を形づくるのだ。

例えば水の少ない土地だと、人は自然に立ち向かう。
砂漠の宗教と言われるキリスト教。
その流れをくむ西洋文明は、科学で自然を支配しようとする。

しかし日本は雨も多く、豊富な水と豊かな森があった。
木の実やキノコ、山菜、魚、鳥や鹿…
森にも川にも豊かな恵みがあった。
だから自然に感謝し、支配しようとは思わなかった。

「行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」
我々の心に深く宿る、この鴨長明の言葉こそが
水によってつくられた日本の精神を、
見事に言いあらわしている。


topへ

澁江俊一 20年3月22日放送


水と芸術

今日は世界水の日。
水について
考えてみたくなる日。

芸術家にとって水は最高のモチーフだ。
北斎は海の波のしぶきを見事に描き
モネは水面に映る光の揺らめきを
キャンバスにとどめた。

中でも最も水に取り憑かれた芸術家は
レオナルド・ダ・ヴィンチだろう。

彼の残した膨大なノートには
水や水の流れに関するものが非常に多い。
水を徹底的に観察し洞察することで
人体の血液や空気の流れへとその興味を広げていった。

人類最高の天才が最も惹かれたのが、
この星のどこにでもある水だとは。
当たり前のものを、どう見るか。
その大切さをダヴィンチから学びたい。


topへ

田中真輝 20年3月22日放送


硬い水、軟らかい水

今日は世界水の日。
水について
考えてみたくなる日。

カルシウムやマグネシウムなどの
金属イオン含有量が多い水を硬水。
少ない水を軟水、と呼ぶ。

日本の水は、ほとんどが軟水で、
その癖のなさ、まろやかさが
和食や茶道には欠かせない。
一方で、欧米の水は硬水が多く、
ミネラル分が肉の臭みを消し
軟らかくするため、肉などの
煮込み料理に向いているという。

その土地の料理は、その土地で
食べるのが一番おいしい。
それは、雰囲気だけではなく、
実はその土地の水によるところも
大きいのかもしれない。


topへ


login