名雪祐平 19年8月31日放送


ラグビー! 伝説

200年前、イギリスで。

フットボールの試合中、
少年エリスは、反則を犯した。
突如ボールを手にもち、
ゴールめがけて走りだしてしまった。
それがラグビーの起源、と語り継がれる。

おっちょこちょいが、歴史をつくる。

その試合が行われた学校の名前が、
ラグビー校。


topへ

名雪祐平 19年8月31日放送

bradley
ラグビー! 楕円

ラグビーボールは楕円形。
どこへ転がるかわからない。
ままならない人生にもよく例えられる。

ある研究では、楕円のボールが
狙い通りの角度にバウンドする確率は、
180分の1だとか。

人生も、そんな確率でどこへ行く?
あっちに転がり、こっちに転がり、
ケセラセラ。


topへ

名雪祐平 19年8月31日放送


ラグビー! 膀胱

楕円のラグビーボール。
その素材は?

最初は、豚の膀胱。

大きく膨らませ、
革で包み、ボールにしていた。
完全な球にはならず、
それが楕円球のはじまり。

1862年、
ボール製作者の妻が肺病で死亡。
死因は、豚の膀胱を膨らませていたこと。

この出来事をきっかけに、
ゴム製の空気袋が使われだした。


topへ

名雪祐平 19年8月31日放送


ラグビー! 代表

ラグビー日本代表の選手は、32人。
その約4割が、外国出身の選手たち。

トンガ、サモア、
ニュージーランド、オーストラリア、
南アフリカなど強豪国出身がズラリ。
多くが日本に帰化している。

ただ、日本国籍がなくても、
3年継続して日本に居住していることなど、
ラグビー特有のルールを満たせば
代表となれる。

そして、一度でも日本代表になれば、
二度と別の国の代表にはなれない。
それが母国であっても。

人生の覚悟をもって、
世界からやって来た日本代表。


topへ

名雪祐平 19年8月31日放送


ラグビー! 言葉

ラグビーの精神を表す言葉がある。

「one for all, all for one」
ひとりはみんなのために、
みんなはひとりのために。

19世紀のフランスの小説
『三銃士』からの引用とされる。

そして、「ノーサイド」
試合が終わればおたがいの健闘を
称えあうこと。

ラグビーをやらなくても、
ラグビーの精神から学ぶことは、多い。

ラグビーワールドカップ、
初の日本大会まで、
あと20日。


topへ

森由里佳 19年8月25日放送

bradley j
夏の飲み物  ミントジュレップ

ミントジュレップ。
その響きだけで、
爽やかな氷の音まで聞こえてきそうなこのカクテル。

いくつかあるレシピのうちの一つを紹介します。

たっぷりのミントと少しのシロップをグラスに入れ、
香りがでるように葉をつぶす。
クラッシュドアイスを加えたら、
バーボンウイスキーを注ぎ、よく混ぜる。
氷たちがくすぐったそうに溶けていくので、
さらにクラッシュドアイスを追加して、
ミントの葉を飾れば出来上がり。

思ったより、簡単でしょ。
ミントジュレップで、涼しい夏をお過ごしください。


topへ

森由里佳 19年8月25日放送


夏の飲み物  ミントジュレップ

とあるレースの公式ドリンクである、ミントジュレップ。
バーボンウイスキーとミントが香る、涼やかなカクテルだ。

そのレースでは、2018年から、
カクテルに使うバーボンウイスキーを、
ウッドフォードリザーブに指定した。
バーボンウイスキーの中でも最高峰の格付けを誇る、
スーパープレミアムウイスキーである。

レースの名は、ケンタッキーダービー。
“スポーツの中で最も偉大な2分間”ともいわれる、
最高峰のレースである。


topへ

佐藤日登美 19年8月25日放送

jurek d. (Jerzy Durczak)
夏の飲み物  ペリエ

南フランス・ヴェルジェーズに、天然の炭酸水が湧く水源がある。
健康にいいと言われたその水は、過去の偉人たちも口にした。

紀元前3世紀、英雄ハンニバルはその水を飲み、戦いに臨んだ。
19世紀、ナポレオン3世はその水を「フランスの誇りだ」と讃えた。

それは後に「ペリエ」と名付けられ、
世界中で飲まれるスパークリングウォーターとなった。
泡がきめ細かく、薄緑色のガラス瓶の中でシュワシュワと小気味いい音を立てる。
夏にはよく冷やして、爽やかな刺激を楽しみたい。


topへ

蛭田瑞穂 19年8月25日放送


夏の飲み物  フローズンダイキリ

夏に飲みたいカクテルといえば、フローズンダイキリ。

ホワイトラム、ライムジュース、ホワイトキュラソー、砂糖、
クラッシュドアイスを用意し、それらをすべてミキサーに入れる。

氷が砕けきらない程度にミキサーにかけたら
大型のシャンパングラスに注ぐ。

最後に輪切りしたライムとミントの葉を飾ったらできあがり。

文豪ヘミングウェイは1日に10杯以上も飲むほど、
フローズンダイキリを愛したという。


topへ

蛭田瑞穂 19年8月25日放送

Marco Arment
夏の飲み物  モヒート

夏に飲みたいカクテルといえば、モヒート。

グラスにライムとミント、砂糖を入れ、
ライムとミントをやさしく潰す。
そこに氷、ラム、ソーダを入れ、よく混ぜる。
最後にミントを飾ったらできあがり。

映画『007 ダイ・アナザー・デイ』の中で、
キューバを訪れたジェームズ・ボンドが注文したのもモヒート。


topへ


login