‘佐藤延夫’ タグのついている投稿

佐藤延夫 20年7月4日放送

hiphopmilk
美しい島  ウィットサンデー諸島

オーストラリア、クイーンズランド州の東。
グレートバリアリーフに浮かぶウィットサンデー諸島は、
74もの島々で構成される。
その大半は、岩と砂地の広がる無人島だが、
魅力的な名所も多い。
ホワイトヘブンビーチは、7キロに渡り真っ白なシリカの砂浜が続く。
そして北側の入江、ヒル・インレット。
砂浜の白と海の青が、濃く淡く入り混じり幻想的なマーブル模様を描く。
その姿は、潮の満ち引きや風などにより変化するそうだ。

いつか行ってみたい場所、探してみよう。


topへ

佐藤延夫 20年7月4日放送

charlywkarl
美しい島  ロックアイランド

西大西洋、パラオ諸島にある大小およそ400もの島々は、
ロックアイランドと呼ばれている。
絶景スポットのひとつが、ロングビーチ。
干潮のときにだけ現れる真っ白な砂浜だ。
また、内陸には塩水湖を多く持つ。
ジュエリーフィッシュレイクでは
毒性のないクラゲが無数に生息しており、
一緒に泳ぐこともできる。
パラオの世界遺産、ロックアイランド。
特殊な地形によって育まれた独自の生態系が存在する。
見たこともない動物や植物と出会うことができるだろう。

いつか行ってみたい場所、探してみよう。


topへ

佐藤延夫 20年7月4日放送

fussball_89
美しい島  セントマーティン島

カリブ海に浮かぶセントマーティン島。
中央の山脈を挟むようにして、
北側がフランス領、南側がオランダ領という
少し風変わりな特徴を持つ。
名所は、美しいマホビーチ。
というよりも、その頭上を通り過ぎる飛行機だ。
近くの空港に着陸するため高度を下げた機体が、
轟音とともに、手が届きそうなほどの距離で通過する。
ネットで検索してみると、その近さは目を疑うほど。
海だけでは刺激が足りない。
そんな人にはぴったりかもしれない。

いつか行ってみたい場所、探してみよう。


topへ

佐藤延夫 20年7月4日放送

Jim Maragos/U.S. Fish and Wildlife Service
美しい島  ラジャ・アンパット諸島

インドネシアの東の端。
大小600もの島々が連なるエリアは、
ラジャ・アンパット諸島だ。

近隣の国々をかすめる三角状の海域、
コーラルトライアングル。
世界で知られるサンゴの種類の75%がこの海に生息するという。
豊富な植物プランクトンが酸素を排出するため、
水中生物の宝庫となり、
海のアマゾンの異名を持つ。
ひとたび潜ってみると、
ウミガメ、マンタをはじめとする1000種類以上の水中生物、
500種類以上ものサンゴと出会うことができる。
世界で屈指のダイビングスポットなのもよくわかる。
何本潜っても気が済まなくなりそうだ。

海の秘境、ラジャ・アンパット諸島。
日本から向かうときは、
それなりの時間がかかるので覚悟しておいてください。

いつか行ってみたい場所、探してみよう。


topへ

佐藤延夫 20年7月4日放送

Anthonares
美しい島  デヴォン島

デヴォン島は、北極海にある世界最大の無人島だ。
面積は55000㎢。
四国のおよそ3倍となる。
年間の平均気温はマイナス17度。
大地は乾燥のためひび割れており、
植物もほとんど育たない。
そんな環境が火星に近いそうで、
NASAの訓練や実験が行われている。
写真を見てみると、なるほど、
火星を舞台にした映画が撮れそうだ。
ちなみに、北極海クルーズのツアーに参加しないと
デヴォン島には上陸できないらしい。

いつか行ってみたい場所、探してみよう。


topへ

佐藤延夫 20年6月6日放送


楽器の日  バンドネオン

ドイツで生まれた蛇腹楽器、
バンドネオン。
形はアコーディオンによく似ているが、
ピアノのような鍵盤はなく、
ボタンが71個並んでいる。
しかも配列は音階順ではないので、
同じボタンを押しても
蛇腹の具合で音色が変わってしまう。

演奏方法の難しさから、
「悪魔が発明した楽器」と呼ばれている。

しかしそのシャープな音色は、
悪魔というよりも、魔術師に近い。

今日6月6日は、楽器の日。
素敵な音楽に包まれたひとときを。


topへ

佐藤延夫 20年6月6日放送


楽器の日  オンド・マルトノ

1920年、ロシアで発明された
世界初の電子楽器、テルミン。
その親戚のような楽器が、オンド・マルトノだ。
不可思議な音色はテルミンとあまり変わらないが、
最大の特徴は、正確な音階を出しやすいことにあった。

ロックとの相性がいいらしく、
数々の有名なロックバンドの楽曲にも用いられている。

今日6月6日は、楽器の日。
ひとつでもマスターした楽器があれば、
人生は、きっと豊かになる。


topへ

佐藤延夫 20年6月6日放送


楽器の日  アルモニカ

アルモニカは、
1761年、アメリカで誕生した楽器だ。
グラス・ハープを応用したもので、
共鳴するガラスで音を奏でる。

パガニーニは「何たる天上的な声色」と喩え、
モーツァルトやベートーヴェンも、
この楽器を用いた曲をつくった。

発明したのは、政治家のベンジャミン・フランクリン。
彼は、こんな言葉を残している。

「他人に楽しみを与える者は、喜びを受け取ることになる。」

今日6月6日は、楽器の日。
素敵な音楽が与えてくれる楽しみは、計り知れない。


topへ

佐藤延夫 20年6月6日放送


楽器の日  フォトプレイヤー

時代とともに、消えていく楽器がある。
フォトプレイヤーもそのひとつだろう。
サイレント映画全盛の時代、
音楽や効果音をその場でつけるために、
映画館で演奏された。
穴の空いた巻き取り式の紙をセットすると、
ピアノやパイプオルガンが自動で鳴り響く。
そのつくりは、オルゴールに似ている。
そのほか紐を引っ張ったりボタンを押したりすると
シンバルやカスタネット、チャイムなどが鳴る仕組みだ。

活躍できる場所を失ったフォトプレイヤーは、
展示用として何台か残るのみ。
楽器にも、運命がある。

今日6月6日は、楽器の日。
あなたの思い出の曲は、なんですか。


topへ

佐藤延夫 20年6月6日放送


楽器の日  楽器じゃなくても

楽器と名のつくものだけが、楽器ではない。
ビリヤードの玉。
笑い袋。
バケツ。
塩化ビニールの管。
音の出るおもちゃ。
グラス。
鍋。
フライパン。
自転車。
野菜。

叩いた瞬間、吹いた瞬間、音が出れば、
それはもう立派な楽器だ。
R.E.M.、デヴィッド・ボウイ、キング・クリムゾン。
何人ものアーティストが、
楽器ではない楽器を使い、
新しい音楽を切り開いた。

今日6月6日は、楽器の日。
とりあえず目の前のものを叩いてみよう。


topへ