小山佳奈 09年4月11日放送



koyama



中原中也 十六歳


 おもしろいじゃないの。


長谷川泰子が中原中也に言った、そのひと言で
中也は恋に落ちる。


田舎から身ひとつで出てきて、
文学という魔物と対峙しようとしている少年にとっては、
誰かひとりでも
「おもしろい」と認めてくれる人がいれば、
人生は確かな輪郭を持つ。


 あゝ 恋が形とならない前、
 その時失恋をしとけばよかつたのです。



気づいたときには、もう遅い。
それが、恋。


中原中也、16歳の春。










e99baae8a68be99a9ce5ad90080123



中原中也 十七歳


桜の咲く御所を横目に今出川通りを東へ進み、
河原町にぶつかるその角、
古びた木造アパートの二階に、
中原中也とその恋人、長谷川泰子は、
小さな居を構えていた。


 春風です。
 よろこびやがれ凡俗!
 アスフアルトの上は凡人がゆく。
  顔 顔 顔。



下宿の窓から春を見おろしていた
中原中也17歳。


恋人と初めて迎える春でした。





e5b1b1e5b48ee699afe889b2080123



中原中也 十八歳




その日は夕方から雨になった。
中原中也と長谷川泰子が暮らす高円寺の家に、
中也の親友、小林秀雄がやってきた。


 その人は傘を持たずぬれながら軒下に駆け込んでき ました。
 私はハッとしました。
 その人は雨の中から現れ出たようで、
 雨にぬれたその人は、とても新鮮に思えたのです。



すぐに二人は恋に落ち、
長谷川泰子は中原中也の元を去る。


その日に、雨さえ降っていなければ。
その日が、4月でなかったならば。


4月は案外と雨が多い。


中原中也、18歳の春。










030723



中原中也 十九歳




デビュー作というものすべてが、
一瞬の初期衝動で生み出されるものと思ったら、
ちょっとちがう。
どんな天才であっても、
デビュー作には特別な想いがあり、特別に骨を折る。


中原中也が、初めて文壇に発表した詩、「朝の歌」は
わずか14行に3ヶ月以上の月日をかけている。


 ひろごりて たいらかの空
 土手づたい きえてゆくかな
 うつくしき さまざまの夢



恋人は去った。
友人も去った。
故郷も去った。


それでも気がつけば、たったひとつ
詩、という名の夢が残った。


中原中也、19歳の春。





040612



中原中也 二十三歳




 僕が死んだらあいつに見せて欲しい


そう言って、中原中也が友人に渡した分厚い原稿用紙の束は
別れた恋人長谷川泰子への愛の詩だった。


 女よ、美しいものよ、私の許にやっておいで。
 どんなに私がおまえを愛するか、
 それはおまえにわかりはしない。



未練のある男は、女々しいが
未練のない女は、男らしく
気づいても気づかないふりをする。


中原中也、23歳の春。










002036_m1



中原中也 二十八歳




今この瞬間を生きることしか考えてこなかった中原中也が、
未来というものの存在に気づいたのは
はじめての子供を持ってからだった。


 自分の未來と子供の未來を合わせれば
 何か大きな仕事ができそうだ



その子がたった2歳で急逝することを知らず….


喜びに満ちていた
中原中也28歳の春。





ki_0055_m



中原中也の声




4月生まれの詩人、中原中也は、
亡くなる直前、こう言った。


 今に分かるときが来ますよ


喧嘩っ早くて、
酒を飲むとすぐ大声で、議論をふっかける。


中也は激しい気性ばかり注目されて
魂の底にある悲しみに気づいてもらえなかったことが
多かったけれど。


それでも死の翌年には
たった一人の理解者だった小林秀雄の手で
最後の詩集「在りし日の歌」が
出版されている。


 今にわかるときが来ますよ


中原中也の声が聞こえますか。





ceramics


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA