2009 年 5 月 23 日 のアーカイブ

宇宙エレベーターの簡単な構造

348744main_image_1362_800-600

地球の自転と同じ周期の人工衛星は
見かけ上静止しているので静止衛星と呼ばれる。
この静止衛星からケーブルを上下に伸ばしてバランスをとると
地上と宇宙を結ぶ1本の紐になる。
このケーブルに昇降機を取り付けて人や荷物を運ぶというのが
宇宙エレベーターの理論で
着想としては19世紀からあったが
最初はバベルの塔のようなものだった。

1960年にはケーブルを使用した宇宙エレベーターの構想を
ユーリ・アルツターノフが発表するが
それを建設できる強度を持った素材がなかったために
実現への一歩を踏み出すことがなかった。

宇宙エレベーターが実現可能なものとして
考えられるようになったのは
1991年に日本でカーボンナノチューブが発見されてからのことで
2003年にはシアトルに宇宙エレベータ事業会社LiftPortが創設されている。

2003年に発表された予定では
宇宙エレベーターの運行開始日は2018年4月12日である。

topへ

隣の芝生

dscf4084

隣の芝生は青く見える。
5月16日に開かれたTokyo Copywriters’ Street ライブ。
もともとがTFMの番組Tokyo Copywriters’ Street からはじまったものであり
コピーライターがつくるラジオ番組の先輩でもある。

topへ

細田高広 09年5月23日放送

41



オードリー・ヘプバーン


「美人をつくるアイメイク」
「愛されるリップのつくり方」

女性誌には、今日も
新しい美人のつくり方が並ぶけれど。
そのうちいくつが、一年後、残っていることだろう。

ひとつだけ。
時を越えて真実であり続けるだろう、
と思える言葉がある。
オードリー・ヘプバーン、
彼女が語った美しくなるための秘訣。

美しい唇のためには、美しい言葉を話せばいい。
美しい瞳のためには、他人の美点を探せばいい。


そう。

美しい人は、生き方が、美しい。










5



エイブラハム・リンカーン


1860年。大統領選まっただ中のアメリカ。
ひとりの候補者に、ある日、手紙が届く。

「あご髭を生やせば、立派に見えるから、当選できるわ。」

送り主は、わずか11歳の少女グレース・ペデル。
言われた通り、男が髭を伸ばすと、いっしょに人気も伸び始める。
こうして誕生したのが、リンカーン大統領だ。
彼は、暗殺されるまで、一度も髭を剃らなかったという。

40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持て。

とはリンカーンが残した言葉だが、
それを教えたのは、わずか11歳の少女だったのだ。





8



ビョーク bjork


アイスランドの歌姫、ビョーク。
ステージ上の彼女を、
ある人は「妖精のようだ」と形容し、
ある人は「地上から数センチ浮いている」と表現する。

独特の澄んだ歌声に、
バンド、コーラス隊、オーケストラ、電子楽器、
様々な音が複雑に重なるライブ。
緻密な準備がありそうだが、彼女は否定する。

リハーサルは絶対にしないわ。
だって、セックスの前に
リハーサルなんかしないでしょ?


一度きりの本番で感じる、
インスピレーションだけを頼りに。
妖精は今日も、魔法に良く似た歌をうたう。





111



アニール・セルカン


想像してほしい。
あなたは一台のエレベーターに乗り込む。
動き出したエレベーターは、
高層ビルの高みを越え、雲を抜け、はるか、宇宙に出る。

夢の話ではない。
アニール・セルカン、その人にとってはあくまで現実の話。
宇宙物理学者の彼は、全長3万6000キロメートルもの
宇宙エレベーターを設計した。

本当に実現するの?
そう聞かれると、セルカンは即答する。

簡単だよ 世界の軍事費が一年分あれば 
いますぐつくれる。


戦争をやめて、宇宙へ行こう。




topへ

八木田杏子 09年5月23日放送



13



スコット・フィッツジェラルド


ヘミングウェイに比べたら、
自分はテクニックを心得ただけの
文学的娼婦にすぎない。

スコット・フィッツジェラルドは、
生涯、そのコンプレックスにつきまとわれていた。

妻の浮気を放っておいてまで、
執筆にのめりこんだ「グレート・ギャッツビー」。

フィッツジェラルドの死後、
それは文学史に残る傑作となり、
ヘミングウェイよりも高く評価された。

死ぬまでぬぐえなかったコンプレックスは、
そもそも存在しないものだった。










472px-galileo_galilei_3



ガリレオ・ガリレイ


世の中をひっくりかえすような真実は、
こっそりと伝えなくてはならない。

ガリレオは、身をもってそれを知っていた。
それでも地球は動いている。
その言葉を、回りくどく、ときには誤魔化しながら、伝えた。

ふたたび裁判にかけられたとき、彼はあっさり地動説を捨てる。
死刑をまぬがれた彼は、74歳まで執筆と発明をつづけた。

小さなプライドを捨てられる人だけが、
大きな真実を追究できる。





3



ジョン・F・ケネディ


不況が続くと、人は足元ばかり見るようになる。
ちょっとでも躓きそうになると、立ち止まるようになる。

うつむいている国民にむかって、
ケネディ大統領は、ある発表をした。

10年以内に、月に人類を送り、月の石を持ち帰る。

誰もが、思わず、顔を上げた。
見慣れたはずの月なのに、石ころまで輝いて見えた。

1969年7月20日。
月面、静かの海に人類は降り立つ。
ケネディの話が現実になったとき、
もう、うつむいている人はいなかった。

たとえ足元の石につまずいても。
月の石を目指していたから、前に進んで行けたのだ。




topへ


login