岡安徹 11年01月29日放送



並木路子とリンゴの唄

戦後の大ヒット曲『リンゴの唄』。
世の中をパァっと明るくした、と言われる
この曲も、レコーディングは決して
明るく楽しいものではなかったらしい。

歌い手並木路子は、終戦時
身内を失い、悲しみの底にいたからだ。
そこでスタッフがかけたコトバがある。

「君ひとりが不幸じゃないんだよ。」

並木は、ひととき悲しみを忘れて、歌った。
その唄はやがて日本中の悲しみをどこかへやってしまった。
暗い時こそ、小さな明かりが目立つのだ。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login