名雪祐平 13年2月24日放送

Georges Biard
アカデミー賞スピーチ フィリップ・シーモア・ホフマン

4人の大学生がお酒を飲んでいるうちに、
こんな話になった。

将来誰かがアカデミー賞を受賞したら、
犬の吠え声でスピーチすること。

約20年後の2006年アカデミー授賞式。

かつて大学生だった4人のうちの1人、
フィリップ・シーモア・ホフマンがそこにいた。

映画『カポーティ』で
見事、主演男優賞を受賞。

スピーチは、人間の声でそつなく行った。

最後は会場に来ていた母親を
思いやる言葉をステージから伝えた。

 もし、母を見かけたら、
 おめでとうと言ってください。
 彼女は女手一つで4人の子どもを
 育てあげたんです。
 おめでとう、という言葉が
 ぴったりだと思います。


そして、母親にこう呼びかけた。

 ママ、僕たちパーティーにいるんだよ!
 知ってた!?



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login