蛭田瑞穂 13年7月13日放送


ワールドカップ第1回大会④

1924年のパリ・オリンピックで、
ヨーロッパの人々は初めてウルグアイ代表チームの
サッカーを目の当たりにした。

リズムとスピードにあふれるウルグアイの
サッカーは、ロングボールを放り込む
ヨーロッパの単調なサッカーを翻弄した。

フランスの作家アンリ・ド・モンテルランは
その驚きをこう記している。

 これこそ真実のサッカーだ。
 これにくらべたら僕らのサッカーは
 学校のひまつぶしでしかない。


その6年後に第1回目のワールドカップが
南米の小国ウルグアイで開催されることになるが、
サッカーのレベルを考えれば、
それも当然のことであった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login