蛭田瑞穂 13年7月13日放送


ワールドカップ第1回大会③

1930年に開催された
第1回FIFAワールドカップウルグアイ大会。
7月13日におこなわれた
開幕第1戦のフランス対メキシコ戦。

前半19分にフランスのリュシアン・ローランが
ゴールを決めた。これがワールドカップ史上初の
ゴールである。

それから68年後の1998年。
フランスで開催されたワールドカップで
地元のフランス代表は参加10回目にして
悲願の初優勝を遂げた。

90歳になったリュシアン・ローランは、
その「初」の瞬間もしっかりと見届けていた。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA