蛭田瑞穂 13年7月13日放送


ワールドカップ第1回大会②

1930年にウルグアイで開催された
第1回FIFAワールドカップ。
大会を制したのは地元のウルグアイ代表だった。

キャプテンを務めたのは、
当時世界最高のプレイヤー、ホセ・ナサシ。
チームは司令塔ナサシの叫び声に合わせて
ボールを前線へと運び、
相手チームのゴールネットを次々揺らした。

ホセ・ナサシは言う。

 ピッチというのは、
 漏斗(じょうご)のようなものだ。
 先に向かってボールを運べば、
 自然とペナルティエリアがあらわれるのさ。



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login