大友美有紀 13年9月7日放送


「ふるさとグルメ」秋田県 なんばこ

9月、そろそろ新米の季節。
米どころ秋田には、古くからうるち米を使ったお菓子がある。
今、流行の米粉スイーツではない。
「なんばこ」
上新粉をこねて、砂糖、ごまなどを混ぜて煉って、
油で揚げる。

 出来上りの形状が「南蛮」、
 つまり唐辛子に似ていて、
 それに小さいものを表す秋田弁の「こ」がついた。


長い間、家庭で食べ継がれてきた地域密着のお菓子だが、
その発祥や歴史については、地元の人もよくわかっていない。

いつの間にか、そこにあった。
ずっと一緒にいた。
ふるさとというのは、そういうものかもしれない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA