薄景子 14年6月8日放送

140608-08 calium
家のはなし 茨木のり子の家

「茨木のり子の家」という写真詩集がある。

使いこまれて皺がよった皮のソファ。
すりガラスにきざまれた楕円のパターン。
いま見てもモダンな自宅写真の合間に
彼女の詩が美しくレイアウトされる。

 

食卓に珈琲の匂い流れ
ふとつぶやいたひとりごと
 あら
 映画の台詞だったかしら
 なにかの一行だったかしら
 それとも私のからだの奥底から立ちのぼった溜息でしたか


曳きたてのキリマンジェロの香りは、
彼女の鼻腔を通ってことばとなり、
きっとこの部屋から
いくつもの詩が生まれたことだろう。

家は、そこに住む人の匂いを記憶する。
茨木のり子の家の写真からは
珈琲の香りが漂ってくる。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login