2014 年 6 月 15 日 のアーカイブ

松岡康 14年6月15日放送

140615-01 [puamelia]
上を向いて歩けば

1963年6月15 日。今日は坂本九の『上を向いて歩こう』が
アメリカのビルボートチャートで1位を獲得した日。

上を向いて歩こう 涙がこぼれないように

「上を向いて歩く」
実はこの行為、ストレス耐性を鍛える効果があるという。

上を向くと、青い空が見える。
色彩心理学によれば青い色には「沈静」「クール」の意味があり、
心を冷静にしてくれるのだ。

また、明るい空の色は
副交感神経に作用して、脈拍や血圧を下げる。
体温も下がり、安らいだ状態に導いてくれる。

嫌なことがあったら、上を向いて歩いてみよう。
きっと、少しだけ心が強くなるはず。


topへ

奥村広乃 14年6月15日放送

140615-02
作詞家のとまどい

1963年6月15 日。今日は『上を向いて歩こう』が
アメリカのビルボートチャートで1位を獲得した日。

「上を向いて歩こう」は、励ましの歌ではない。

と、作詞を手がけた永六輔は、言う。

この歌の歌詞は、1960年に起きた安保闘争で
感じた大きな挫折感を、表現したものであった。

この泣き虫の気持ちを歌った曲が、
たくさんの人に愛され、歌われることに
永六輔は作詞者としてとまどいを感じることもあった。
なぜ、ヒットソングになったのだろうと考えたとき、
こんな仮定にたどり着いた。

日本人は泣くのが好きなんです。
「上を向いて歩こう」はもともとが泣き虫の歌ですから、
いちばん素直に泣ける歌なんじゃないかなと思います。


topへ

澁江俊一 14年6月15日放送

140615-03
作曲家のメモ

1953年に結成した「ビッグ・フォー」で、
アイドルさながらの
人気ピアニストとして活躍していた中村八大には
誰よりも苦しい時期があった。

初リサイタルの失敗、莫大な借金、
極度のスランプ、そして薬物への依存。

それでも助けてくれる友人がいた。
音楽家としての原点に帰るため
八大はアメリカとヨーロッパに渡り
現地で生の音楽を浴びるように聴いた。

そして1961年。
生まれ変わった八大は、
新たな一歩となる「上を向いて歩こう」を
初めて人々の前で演奏する。

中村八大22才のメモにはこんな言葉がある。

「中村八大は誰よりも苦しく、
 誰よりも幸せでなければならない。」

世界中で愛された「上を向いて歩こう」は
若くして苦しみと幸せのすべてを
誰よりも味わった作曲家だからこそ、
生み出すことのできた歌なのだ。


topへ

澁江俊一 14年6月15日放送

140615-04 dreampower-jp
本当はロックンロール

日本の有名なロックンロール!

ライブ中によく、そう叫んでは
「上を向いて歩こう」を歌った忌野清志郎。
その時、会場には必ず、
この上ない一体感が生まれた。

アメリカ遠征中の若きジャイアント馬場や、
日本人初のメジャーリーガー、マッシー村上。
そして野茂英雄…アメリカに渡り、
夢を叶えようとした日本の孤独なヒーローたちを
励ましたこの曲は、清志郎にとって、
間違いなく最高のロックンロールだったのだ。


topへ

礒部建多 14年6月15日放送

140615-05 Bill Herndon
小説家の提案

「牛河はずっと昔に流行った
坂本九の感傷的な歌を思い出した。
『見上げてごらん夜の星を、小さな星を』
というのが出だしの一節だ。

大ヒットした長編小説「1Q84」に
こんな文章を書いた村上春樹。
無類の音楽好きで知られる彼は、
ジャズを中心に、様々なジャンルの曲を聴くが、
特に坂本九の「上を向いて歩こう」は、大のお気に入りだ。

この曲と同じように、
世界中で愛されている小説を生み出す村上は、
アメリカでドライブ中に、ラジオで
「上を向いて歩こう」と、よく遭遇するらしい。
スキヤキなんて、ひどいタイトルだなあと思いながらも
ミネソタのだだっぴろい平原の真ん中で、
この曲が流れてきたときには、胸がじーんとしてしまったという。
村上は、後に、こんな言葉まで残している。


僕は「上を向いて歩こう」を、
日本の国歌とまではいわずとも、
準国家にすればいいのにと
長年にわたって主張しているんだけど、
いかがでしょうか?


topへ

礒部建多 14年6月15日放送

140615-06 ekitop03
家族の願い

坂本九の遺作となった「心の瞳」。
初めて披露されたのは、自身の告別式。
娘、大島花子の演奏だった。

坂本家の長女として、花子は生まれ育った。
家庭内には、常に音楽が溢れていたし
誕生日になると父が、
娘のためだけに曲を贈ってくれた。

あまりにも突然過ぎた父の死。
やがてその悲しみを乗り越えるため
花子は、母と妹と家族ユニット「ママエセフィーユ」を組む。
今も、父が残した曲たちをステージで披露している。

 父は、家族で合唱や合奏をとてもやりたがっていました。
 だから私たち3人と父とで何かできないか、
 そう思って始めたユニットです。

花子たちの歌を、
坂本九は、どんな想いで聴いているだろう。


topへ

松岡康 14年6月15日放送

140615-07 keyaki
発車のベル

月曜日の朝。
京急川崎駅のホームには、
東京方面に出勤するサラリーマンたちで
ごった返している。
上りの電車が入ってくる。
そこに、電車接近を知らせるメロディが重なる。
「上を向いて歩こう」。

川崎生まれの坂本にちなんで、
2008年から電車接近メロディに採用されたという。

その優しいメロディは、
憂鬱そうなサラリーマンたちの背中を少しだけ押す。

さあ、明日は月曜日。
出勤の前にすこしだけ、
このメロディを思い出してみては
どうだろうか。


topへ

奥村広乃 14年6月15日放送

140615-08 josemanuelerre
冒険のBGM

太平洋を単独横断。
大阪の青年、ヨットでシスコ湾着。

1962年8月12日、新聞にそんな記事が載った。

海洋冒険家、堀江謙一。
兵庫県西宮市を出港して94日目。
1万キロにおよぶ航海をへて、
彼の乗ったマーメイド号はサンフランシスコに着いた。

パスポートは持っていなかった。
密出国であり、密入国であった。
だが当時のサンフランシスコ市長は、
日本から来た青年を寛大な心で出迎え、
1か月の滞在を許可した。

日本人初の太平洋単独横断の様子は、
手記にまとめられ、
のちに映画化もされ大ヒットとなった。
そのタイトルは『太平洋ひとりぼっち』。

堀江氏は、海の上で心細かったとき
「上を向いて歩こう」をうたったという。

歌は人を勇気づける。
これからの冒険家は、
どんな歌を歌うのだろうか。


topへ


login