2014 年 6 月 14 日 のアーカイブ

森由里佳 14年6月14日放送

140614-01 josemanuelerre
雨に想う① シェルブールの雨傘

カトリーヌ・ドヌーブがヒロインを演じた映画
『シェルブールの雨傘』。

彼女には将来を誓い合う恋人がいた。
しかし、戦争によってふたりは引き裂かれる。

ラストシーンで再会するふたり。
だが、胸の内を言葉にすることができない。
互いに別の人生を歩み始め、家庭もあった。

別れ際、カトリーヌ・ドヌーヴは
かつての恋人にこう問いかけ、静かに立ち去る。

あなたは、幸せ?

そのひと言にどれほど多くの感情が込められているか。
世界中の女性が思いを巡らせ、涙を流した。

『シェルブールの雨傘』。
オープニングで降り始める雨は、
ラストシーンでは雪に変わる。

topへ

森由里佳 14年6月14日放送

140614-02 steve lorillere
雨に想う② レ・ミゼラブル

1985年にロンドンで上演されて以来、
世界中で愛され続けるミュージカル『レ・ミゼラブル』。

劇中、叶わぬ恋が描かれる場面がある。

市民革命のさなか、
少女エポニーヌは
ひそかに想いを寄せていた青年マリウスをかばい、
銃弾に倒れる。

静かに雨が降る中、
死の淵で彼女はこう歌う。

 あなたを連れてきてくれたこの雨は、天の恵みだわ。

エポニーヌは始めからわかっていた。
これが叶わぬ恋であることを。
それでも彼女はやすらかに目を閉じる。
マリウスの腕に、初めて包まれながら。

少女の頬をつたうしずくは、涙か、雨か。


topへ

蛭田瑞穂 14年6月14日放送

140614-03 hidden side
雨に想う③ 川端康成

川端康成の「掌の小説」のなかに
『雨傘』という一編がある。

父親の転任のため離ればなれになる少年と少女。
雨の中ふたりは写真館へ行き、別れの写真を撮る。

要約すれば、それだけの話である。しかし、

写真屋を出ようとして、少年は雨傘を捜した。
ふと見ると、先きに出た少女がその傘を持って、
表に立っていた。少年に見られてはじめて、
少女は自分が少年の傘を持って出たことに気がついた。
そして少女は驚いた。なにごころないしぐさのうちに、
彼女が彼のものだと感じていることを現わしたではないか。


ふたりの距離が縮まったことを物語る一本の傘。
川端康成は男女の機微をおそろしいほど見事に描く。


topへ

飯國なつき 14年6月14日放送

140614-04
雨に想う④ 宮沢賢治

宮沢賢治に「永訣の朝」という詩がある。
最愛の妹との別れをうたった詩だ。

病の床に伏す妹。
外はみぞれまじりの雨が降っている。
激しい熱と喉の渇きに、妹は賢治に
「あめゆじゅとてちてけんじゃ」、
「雨と雪をとってきてほしい」とせがむ。

 ああとし子
 死ぬといういまごろになって
 わたくしをいっしょうあかるくするために
 こんなさっぱりした雪のひとわんを
 おまへはわたくしにたのんだのだ


死にゆく者を前にして、人は無力である。
賢治は妹の頼みを兄に対するやさしさと受け取った。

 あめゆじゅとてちてけんじゃ

「永訣の朝」の中で繰り返されるこの言葉。
その響きはあまりに哀しく、あたたかい。


topへ


login