阿部広太郎 14年6月29日放送

140629-06 stridzio
A lover of dogs – チャールズ・M・シュルツ

13才の時に飼った一匹の雑種犬が、
ひとりの少年の人生を大きく変えた。
あの有名なスヌーピーの生みの親、
チャールズ・M・シュルツ。

人間の言葉を理解しているとしか思えない。
愛犬との友情が創作意欲をかきたて、
後に50年も連載がつづく、
チャーリー・ブラウンと
スヌーピーの物語が生まれた。

チャールズ・シュルツはこんな言葉を残している。

 幸せというのは、あたたかい子犬のことである

少年が抱いた子犬が、世界中を笑顔にしている。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login