2015 年 4 月 18 日 のアーカイブ

伊藤健一郎 15年4月18日放送

150418-01 iConJohn
あの頃、あなたに憧れた。(甲本ヒロトの場合)

ブルーハーツ、ハイロウズを経て、
クロマニヨンズで活躍する
ロックンローラー、甲本ヒロト。

若き日の彼は、ひとりの男に憧れる。

男の名は、ジョー・ストラマー。
イギリスのパンクロックバンド、ザ・クラッシュのボーカリストだ。

甲本は言う。

 ジョーに憧れました。
 ジョーのようになりたいと思いました。
 ジョーのようになる?
 それは、彼の音楽やファッションを真似る事じゃなく、
 誰の真似もしないことでした。


ジョーに憧れた少年は今。
唯一無二のロックンロールをかき鳴らしている。


topへ

伊藤健一郎 15年4月18日放送

150418-02
あの頃、あなたに憧れた。(ジャクソン・ブラウンの場合)

シンガーソングライター、ジャクソン・ブラウン。
『1970年代で最も完成された作詞家』と称される彼が、
音楽の洗礼を受けたのは1964年。16歳の頃だった。

ジャクソンはその日、ローリングストーンズのライブに出かけた。
そして、人生を変える景色に出会う。

 だれかが、灰皿で重みをつけたパンティーを
 ステージめがけて投げたんだ。
 そしたらキースに当たってね。
 僕と一緒にいた女の子は、すっかり正気を失ってしまった。
 それで思ったわけさ。“これを仕事にしなきゃ”って。


空を飛び交い埋め尽くす女性の下着。
実に仕様もない光景が、偉大なミュージシャンを誕生させた。


topへ

伊藤健一郎 15年4月18日放送

150418-03 mpieracci
あの頃、あなたに憧れた。(スガシカオの場合)

シンガーソングライター、スガシカオ。
若き日のスガは、デビューに先駆け、
敬愛する村上春樹にできたてのアルバムを送りつけた。

差出人不明のCDが届いたその日のことを、村上はこう語る。

 「なんか変てこな名前の歌手だな」と思いつつ、
 とりたてて期待もせずに、そのCDをかけてみた。
 何かべつのことをしながら片手間に聴いていたのだが、
 聴こえてくる音楽の新鮮さに、はっとさせられることになった。
 スピーカーの前に座り、居住まいを正して、
 もう一度始めから聞きなおしてみた。
 そして「うーん、これ、悪くないじゃん」とあらためて思った。


村上が、特に気に入ったのは『月とナイフ』。
その曲は、こんな一言で始まる。

 ぼくの言葉が足りないのなら
 ムネをナイフでさいて えぐり出してもいい


スガがデビューして、もうすぐ20年。
送りつけられなくても、村上春樹はスガシカオを聴き続けている。


topへ

伊藤健一郎 15年4月18日放送

150418-04 dishhh
あの頃、あなたに憧れた。(森田一義の場合)

森田一義は、歌舞伎町の小さなバーで、赤塚不二夫に見出された。
お笑いについて、映画について、絵画について、あらゆることを赤塚に学んだ。

赤塚との関係を、森田は振り返る。

 私の父のようであり、兄のようであり、
 そして時折見せるあの底抜けに無邪気な笑顔は、
 はるか年下の弟のようでもありました。


誰よりも慕った赤塚の葬儀で、森田はこんな弔辞を読んだ。

 私はあなたに生前お世話になりながら、
 一言もお礼を言ったことがありません。
 それは肉親以上の関係であるあなたとの間に、
 お礼を言う時に漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。


森田の弔辞は、こう結ばれる。

 赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
 私もあなたの数多くの作品のひとつです。


topへ