小野麻利江 15年4月26日放送

150426-06 BADBOY_1975
眠りのはなし 左甚五郎の「眠り猫」

日光東照宮をいろどる数多の彫刻の中でも
特に人気が高いのが、
江戸時代の名工・左甚五郎作と伝えられる
「眠り猫」。

作り手が謎に包まれているのと同様、
この猫は何を意味しているのか?と
見た者の好奇心をかきたて続けている。

諸説ある中でも一番よく言われるのが
猫の彫刻の裏で二羽の雀が舞う様子から、

 「猫が雀に襲いかからないほどの平和」
すなわち
 「徳川幕府によってもたらされた平和」

象徴しているという説。

もっとも、当の眠り猫は、
「知ったこっちゃない」という風情で
これからも梁の上で、眠りつづけるのだろうが。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login