佐藤理人 15年7月26日放送

150726-04 kaniths
あの人の歌詞 安藤裕子

安藤裕子は自分の歌詞を読み返さない。

彼女にとって歌詞は文字ではなく音。
歌われて初めて意味をもつ。

 「好き」と書かなくても、曲の中に
 「好き」を溢れさせることはできる


小説でも詩でもない。
曲に乗って歌われる歌詞だけの可能性。
それはリズム。

楽しいとき、苦しいとき。
すべての感情にはリズムがある。
自分のリズムに逆らわず身を任せれば、
言葉は曲とともに自然とわき上がってくるのだそうだ。

心と体の状態を「バイオリズム」と呼ぶのは、
きっと偶然じゃない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login