礒部建多 15年11月15日放送

151115-05 酔いどれ
龍馬伝 愛酒詩

 酒は呑むべし酒飮むべし。

 人生只だ酒有りて膽(きも)を開く。


旧暦の今日11月15日が
誕生日であり、命日とされている
坂本龍馬が残した漢詩「愛酒詩」。

龍馬の酒への愛が伝わる詩である。
高杉晋作や、西郷隆盛、勝海舟と、
日本の未来を語りながら
うまい酒を酌み交わしていたのだろう。

そのしめくくりは、
このように詠われている。

 英雄の生涯は夢のようなもの。
 とにかく酒を呑んで、美女に酔おうじゃないか。


英雄たちに愛された龍馬。
女たちにもきっと、
愛されていたに違いない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login