松岡康 16年2月28日放送

160228-03 viinzography
世界を変えたバカヤロー

2月28日。
今日はバカヤローの日。

Appleコンピュータの創業者スティーブ・ジョブズ。
彼は常に当たり前のことに疑いの目を向け、
規制概念を壊してきた。

音楽CDを買うことが当然だった時代に、
データを流通させる大規模なプラットフォームiTunesを構築。
携帯電話のキーボード方式を一切排除して、
タッチ式のスマートフォンiPhoneを作った。

あまりにも馬鹿げた話をすると、
ジョブズを批判する部下も多かったという。

ジョブズは、スタンフォード大学のスピーチでこう語った。

 ハングリーであれ。愚か者であれ。

今や誰もがスマートフォンを持ち、
データで音楽を聴く時代になった。
愚か者が世界を変えたのだ。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login