2016 年 4 月 16 日 のアーカイブ

佐藤理人 16年4月16日放送

160416-01
贋作士たち 「ショードロンのモナリザ」

 モナリザ売ります

普通ならこんな話誰も信じない。
しかし1911年は違った。
モナリザが盗まれていたからだ。

犯人は贋作界の巨匠イブ・ショードロン。
清掃員に扮してルーブル美術館に忍び込み、
絵を盗んだ後、自分の贋作を売りさばく、
大胆不敵な犯行だった。

騙された6人のアメリカ人が30万ドルずつ支払った。
だが欲に目のくらんだ仲間が本物を美術商に持ち込んだ。
美術商は直ちに警察に通報。一味は全員逮捕された。

本物のモナリザは、今もルーブルで静かに微笑んでいる。


topへ

佐藤理人 16年4月16日放送

160416-02
贋作士たち 「アイアランドのシェークスピア」

1796年、シェークスピアの新たな戯曲が、
1世紀以上の時を超えて発見された。

イギリス中が大騒ぎになったが、
それはウィリアム・アイアランドという
17歳の少年の贋作だった。

エリザベス朝時代の紙、書体、古いインク、
何より本人そっくりの筆跡に、
専門家はこぞって本物の太鼓判を押した。

筆跡は真似できても、才能までは真似できない。
文章のお粗末さに化けの皮はすぐに剥がれた。

アイアランドとシェークスピアの共通点は、
ウィリアムというファーストネームだけだった。


topへ

佐藤理人 16年4月16日放送

160416-03
贋作士たち 「ミュラーのワシントン」

1938年、ニューヨークで偽1ドル札が見つかった。

粗悪な紙に印刷されたワシントンの肖像はボヤけ、
名前の綴りも違っていた。

オモチャのような偽物だったが、
数が少なく、発見が遅れた。

事件番号「880」にちなみ、
オールド・エイトエイティと呼ばれた犯人は、
エドワード・ミュラーという男やもめの老人。

暮らしは質素で、必需品を買うときだけ、
日に1、2枚だけ使っていた。

高齢のため4ヶ月の禁固刑で許された彼は、
刑務所に入る際、罰金を1ドル払わされた。

もちろん本物の1ドル札で。


topへ

佐藤理人 16年4月16日放送

160416-04 GaHetNa
贋作士たち 「メーヘレンのフェルメール」

1945年、ナチスが崩壊すると、
ヒトラーが集めた美術品が押収された。

1200点の絵の中に、50万ドルで売られた、
オランダの巨匠フェルメールの名画があった。

警察は直ちに売った人物を逮捕。
ナチスの協力者として取り調べを行った。

犯人の名はハンス・ファン・メーヘレン。
彼は悪びれもせず警察官に言った。

 誰が本物を売るもんか
 奴らから巻き上げてやったんだ!


絵を描いたのはなんとメーヘレン本人。
疑う評論家たちの眼の前で、
彼はまったく同じ絵を描いてみせた。

しかしナチスが支払った50万ドルは偽札だった。
世紀の贋作者より、世紀の犯罪者の方が、
一枚上手だった。


topへ

佐藤理人 16年4月16日放送

160416-05
贋作士たち 「フィオラバンティの大戦士」

1921年、3人のイタリア人彫刻家が大作を作っていた。
高さ2m、重さ500kgの古代エトルリア戦士の粘土像。

紀元前風の色艶に満足すると、
彼らは像を粉々にし、最後の仕上げを施した。

「大戦士」と名付けられたこのヒビだらけの像を、
メトロポリタン美術館は大金で買い取った。

贋作が判明したのは40年後。3人の1人、
アルフレード・フィオラバンティが自首したのだ。

証拠を見せろと言われた彼はある物を取り出した。
それはあの日砕け散った「大戦士」の親指だった。


topへ