2016 年 9 月 4 日 のアーカイブ

大友美有紀 16年9月4日放送

160904-01
「秋祭り」あきる野市・二宮神社秋季例大祭

秋、収穫を祝う祭が関東各地でも開催されます。
9月8日、9日(ようか・ここのか)には、
東京あきる野市の二宮神社で「しょうが祭り」が行われます。
古くから神饌(しんせん)として「牛の舌の形の餅」、
「子持ちの里芋」、「葉、根付きの生姜」が奉納されることになっていました。
しょうがは二宮神社周辺で採れたものをお供えしました。

 すると
 二宮神社の生姜を食べると風邪をひかない。
 一年間無病息災、厄よけになる、と評判になり、
 秋の例大祭が「しょうが祭り」と呼ばれるようになったのです。

およそ400年前からある、とされる祭礼。
生姜の屋台が立ち並びます。
都内で唯一の農村歌舞伎、無形民俗文化財の
秋川歌舞伎も上演されるのです。
祭りのクライマックスは、石段を駆け上がる神輿。
農村に伝わる収穫と奉納のダイナミズム、見物に行きませんか。


topへ

大友美有紀 16年9月4日放送

160904-02 ぼーもあ
「秋祭り」目黒区・大鳥神社秋季例大祭

さんま祭りで有名な目黒ですが、
目黒区内最古と言われる大鳥神社の秋の例大祭も
なかなかの見物です。
場所は目黒駅から徒歩7分。
山手通りと目黒通りが交差するあたりにあります。
祀られているのは、日本武尊(やまとたけるのみこ)。

 日本武尊が東征に際し、古くからあるこの社に
 東夷平定と目を負傷した部下の平癒を祈願した。
 のちに戦に勝ち、傷も治ったことから、
 十握剣(とつかのつるぎ)を奉納した。

十握剣は現在の神社の社宝(しゃほう)になっているとのこと。
9月10、11日に行われる秋の例大祭では、
神輿が目黒通りに勢ぞろいし、
無形民俗文化財の「江戸の里神楽」も上演されます。
都会の真ん中ながら、
この秋祭りは、江戸時代から300年以上続いている。
露店もたくさん出る、楽しいお祭りです。


topへ

大友美有紀 16年9月4日放送

160904-03
「秋祭り」港区・芝大神宮だらだら祭り

東京・港区には日本一長いと言われる祭りがあります。
芝大神宮の秋の例大祭、通称「だらだら祭り」。期間は十日間。
今年は9月11日から21日まで続きます。
祀られているのは、伊勢神宮のご祭神である
天照大御神(あまてらすおおみかみ)と豊受大神(とようけのおおかみ)。
平安時代に創建され千年以上も続く神社で、
江戸時代には「関東のお伊勢さま」として人気がありました。
秋の例大祭が「だらだら」と長くなったのも
参拝者の人足が途絶えなかったからと、言われています。
見所は氏子各町神輿連合渡御(とぎょ)。
町会ごとの神輿が出て、芝の街を練り歩きます。
茶席も設けられる、だらだらとしながらも、神妙なお祭りです。
ここ、芝大神宮は歌舞伎や落語の「め組の喧嘩」の舞台でもありました。

 火消しと相撲取り、どちらが悪いわけでもなく、
 原因を生んだのは喧嘩が始まったときに勝手になりだした半鐘。
 
粋な裁きの末、半鐘が島流しになりました。
明治時代になって、島流しの刑が廃止され、
その半鐘は芝大神宮に返され、祭りの時に展示されます。

だらだらと十日間、どこかで時間を作って行ってみませんか?


topへ

大友美有紀 16年9月4日放送

160904-04 peaceful-jp-scenery
「秋祭り」鎌倉・鶴岡八幡宮鈴虫放生祭(すずむしほうじょうさい)

9月14日から16日の三日間、鎌倉鶴岡八幡宮では、
秋の例大祭が盛大に斎行(さいこう)されます。
鶴岡八幡宮といえば、鎌倉武士の狩装束で行う、
流鏑馬神事(やぶさめしんじ)が有名ですが、
この例大祭の起源となるのは、放生会(ほうじょうえ)です。
流鏑馬神事が終わり、涼やかな風が流れる時間、
舞殿にて祭儀が行われた後、神職の手によって、
柳原神池に鈴虫が放たれます。
これが鈴虫放生祭。

 生き物を自然に帰すことで生命を慈しむという
 「放生会」の心意を引き継ぐ神事。
 
汚れの無い暗闇が、静かに神域を覆う頃、
放たれた鈴虫の音色が響き渡ります。


topへ

大友美有紀 16年9月4日放送

160904-05
「秋祭り」昭島市・日吉神社榊祭

東京都昭島市の日吉神社は、9月17日、18日が秋祭り。
18日の午前0時には、榊祭が行われます。
お供えの植物である榊の神輿が町内を練り歩きます。
これは、後から通る神様の乗った御神輿、宮みこしの通り道の
露払いの役目です。
東京都の無形民俗文化財にも指定されている榊祭。
今年で250周年を迎えます。

 町内を練り歩いてきた榊の神輿は、午前4時すぎに
 日吉神社の境内に戻ってきて、据え置かれます。
 ここからが榊祭のクライマックス。
 榊取りが行われ、あっという間に榊の神輿は、
 すべての枝がもぎ取られてしまいます。

この榊の枝を取ると、一年間無病息災でおくれると言われています。
全国でも珍しい、暁に行われる祭。
その様子は善明寺所蔵の「山王祭礼図絵奥書」に描かれています。
翌日の午後1時からは宮みこしのご神幸が行われます。
榊祭とは、うってかわって、町内を静かに進んでいきます。


topへ

大友美有紀 16年9月4日放送

160904-06 白石准
「秋祭り」江東区・天祖神社神明まつり

スカイツリーの近く、江東天祖神社では、9月15日から19日、
神明まつりが行われます。
この神社は、推古天皇の時代、聖徳太子の手による神像を祀ったのが、
創建と言われています。下町の小さな神社の秋のお祭り。
選ばれた氏子児童が矢を射る「こども歩射(びしゃ)」が行われています。

 1573年からの天正年間(てんしょうねんかん)に
 疫病が大流行したとき、織田信長がこの神社で
 流鏑馬を行わせたところ、たちまち収まった。
 以来、病気を治す神社として有名になりました。
 
流鏑馬は、流鏑馬式と名をかえ「こども歩射(びしゃ)」になったのです。
この形になって、すでに百年は経っています。
戦時中も絶やさず続けられた伝統行事です。


topへ

大友美有紀 16年9月4日放送

160904-07 *_*
「秋祭り」檜原村・九頭龍神社例大祭

檜原村は、東京都の島しょ部を除いた唯一の村です。
人口は約2500人。村の大半が秩父甲斐国立公園に含まれています。
檜原村には古くから受け継がれてきた伝統芸能が数多くあります。
そのいくつかは、9月18日に檜原村数馬(かずま)の
九頭龍神社で行われる秋祭りで見ることができます。

 三匹の獅子が舞う「数馬獅子舞」。
 家内安全の祈願と感謝を捧げて社前(やしろまえ)で行う奉納の舞。
 同じように上演される「太神楽(だいかぐら)」。
 舞手は、1人もしくは2人で一匹獅子を舞い、
 お囃子との掛け合いやこっけいな舞など独特の味わいがあります。
 そして「馬鹿面囃子(ばかめんばやし)」。
 兄弟が畑仕事で繰り広げられる出来事を演じます。


秋の豊作と感謝を喜び合う祭。
都心から約2時間。心洗われるような東京の景色がここにあります。


topへ

大友美有紀 16年9月4日放送

160904-08
「秋祭り」文京区・根津神社例大祭

山王、神田と並ぶ江戸の三大祭。
根津神社、秋の例大祭。今年は9月17日、18日に行われます。
その始まりは六代将軍、徳川家宣(いえのぶ)が
根津神社の祭礼を定めたことからと言われています。
江戸中から山車を出し「天下祭」と呼ばれるほどの壮大な祭礼であったそう。
今ある大神輿三基も、このとき家宣が奉納したものです。
もちろん、例大祭にも神幸します。
現代の祭では、少し不気味な面を着けて踊る「三座ノ舞」と
巫女さんが舞う「浦安舞」が上演されます。
 
 社殿、拝殿、唐門、透塀(すきべい)・桜門などは、
 1706年に造られた当時のまま現存。
 江戸の神社建築を伝えるとして、国の重要文化財にも指定。
 
他にも乙女稲荷の千本鳥居、
夏目漱石や森鴎外が腰掛けて構想を練ったという文豪の石など、
根津神社には祭だけではない、見るべきものがたくさんあります。


topへ


login