厚焼玉子 17年3月18日放送

170318-03 biscorogus
春の妖精 エゾエンゴサク

春の妖精と呼ばれる草花がある。
その名の通り、春まだ浅い野山に咲き、
初夏の日差しを浴びる前に姿を消す。

エゾエンゴサクもその仲間で、
森に背の高い草が生える前に
10センチかそこらの小さな茎の先端に
2センチほどの花をつける。
その花がお天気によって
赤紫に見えたり青紫に見えたりする

エンゴサクは花も葉も根も食べられるが
環境を保護する人たちから
せめて根っこは残しておいて、というお願いを
ときどき見かける。

確かに、妖精たちが消えた春はあまりにも寂しい。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login