2017 年 6 月 24 日 のアーカイブ

佐藤理人 17年6月24日放送

170624-01
ネッシー 「コロンバ」

565年、アイルランドの聖職者コロンバが、
スコットランドへ布教に訪れたときのこと。
彼とその一行はある巨大な湖にたどり着いた。

コロンバを乗せるボートを取りに、
弟子が対岸へ泳いでいると、
突然怪獣が現れ、恐ろしい声で吠えた。

弟子たちが恐怖に立ちすくむ中、
コロンバは十字を切って神に祈った。

 それより先へ進もうとするなかれ。
 その者に触れるなかれ。戻れ!早く!


怪獣は二度と人々を驚かさなくなった。

湖の名前はネス湖という。
史上初のネッシーの目撃談である。


topへ

佐藤理人 17年6月24日放送

170624-02
ネッシー 「マッケイ」

1933年、ネス湖周辺の道路が整備されると、
ネッシーの目撃情報は飛躍的に増えた。

その姿を初めて写真に収めることに成功したのは、
アルディ・マッケイ夫人。

ネス湖の湖畔でホテルを経営する彼女は、
その年の4月、夫とドライブを楽しんでいた。

ふと湖の静かな水面を眺めると、
そこにクジラのように巨大な魚が見えた。
彼女は夫に叫んだ。

 止めて! 怪獣よ!

それからの約80年間で、
ネッシーを見た人の数は1000人を超える。

しかし、その全身を写した写真は一枚もない。


topへ

佐藤理人 17年6月24日放送

170624-03
ネッシー 「ディンズデール」

1960年、ネッシーの動く姿が
初めて映像に収められた。

撮影者は航空技師のティム・ディンズデール。

彼は仕事を辞め、ネス湖の船の上で、
朝から晩まで幻の怪獣を追いかけた。

その熱意はイギリス中を刺激。
ネス湖異変調査局が設置された。

湖畔にカメラを張り巡らし、
巨大な餌まで作ったが、シャッターは切られず、
音波探知機は水音一つ記録しなかった。

成果は一つだけあった。湖の深さは300mもあり、
巨大な洞窟があることがわかったのだ。

だが、怪獣が住む形跡は、一つも見当たらなかった。


topへ

佐藤理人 17年6月24日放送

170624-04
ネッシー 「外科医」

1934年4月の朝。ロンドンの外科医、
ロバート・ケネス・ウィルソンが、
ネス湖を訪れたときのこと。

突然、首の長い怪獣が現れて、
泳ぎ去っていった。

夢中でシャッターを切った写真は
新聞に掲載され、世界中で反響を呼んだ。

史上最も有名なネッシーの写真、
通称「外科医の写真」である。

その60年後。ある男が死の間際に、
写真がトリックだったことを告白した。

首謀者の名はマーマデューク・ウェザラル。
彼は偽物の首をつけたおもちゃの潜水艦を、
湖に浮かべて撮影。
ウィルソンの社会的地位に目をつけ、
偽証を依頼した。

多くの人生を狂わせた写真の正体。
それは、エイプリルフールのジョークだった。


topへ

佐藤理人 17年6月24日放送

170624-05
ネッシー 「フェルサム」

ネッシーを追い続け、
25年間ネス湖で暮らす男がいる。

モンスターハンター、スティーブ・フェルサム。

7歳で初めてネス湖を訪れた彼は、
世界中から調査隊が詰めかける様子を見て、
自分もいつかこの仕事をしようと誓った。

その夢を28歳で叶えてから四半世紀。
ネッシーを見たことはまだ一度もない。

それでも彼は全く後悔していない。

 毎日が自由と冒険で満たされている。
 僕の人生こそ最大のミステリーなのさ。


ちなみにネッシーの正体は、
巨大なナマズだと思っているそうだ。


topへ


login