2017 年 10 月 7 日 のアーカイブ

大友美有紀 17年10月6日放送

a0960_006648
「プラネタリウム解説員/河原郁夫」104歳まで

5

 
86歳で現役プラネタリウム解説員の河原郁夫。
星空解説を60年以上続けてきた。

 私の健康がゆるす限り、この仕事を続けていたいと
 思っています。希望は104歳まで。

2035年の9月2日、10時5分から10分にかけて、
新潟の糸魚川と茨城の水戸を結ぶ線上付近で
皆既日食を見ることができる。
皆既日食は1年に一度、地球上のどこかで
見ることができるが、日本で見えるのは、
そのタイミングだ。

 美しいコロナを肉眼で見るチャンスです。
 それまでは元気でいるつもりですよ。

河原は、いまでもプラネタリウムに入るとわくわくする、という。

topへ

大友美有紀 17年10月6日放送

lgf01a201312241000
「プラネタリウム解説員/河原郁夫」大事なもの

4

 私は、人間が生きていくために大事なものが
 プラネタリウムの中にあるんじゃないかと
 思っているんです。
 すぐに何かの役に立つというものでは
 ないですけれど。

 ときには星の光のことを考えてみる。
 七夕の織女星の光が地球に届くまで
 25年ほどかかります。
 はくちょう座のデネブという星にいたっては
 1424年もかかります。
 今いる人間が誰も生まれていない時代の光を
 今晩見ているんです。なんてすごいこと。
 人生がいかに短いか、わかってきます。

86歳の現役プラネタリウム解説員、河原郁夫は、
小学校4年生のときに「プラネタリウム」という仕事を
見つけられて、本当に幸運だったという。
一生続けられるものがあると、短い人生が豊かになるから。

topへ

大友美有紀 17年10月6日放送

198080main_image_feature_737_1600x1200
「プラネタリウム解説員/河原郁夫」天文好きで有名


3

「かわさき宙(そら)と緑の科学館」で
プラネタリウム解説員を務める河原郁夫。86歳。
小学生の時から天文好きで有名だった。
あるとき、家で日食を観察するために、
学校をさぼったことがある。
それでも先生からはおとがめなし。
 
 河原、日食は見えたか。
 じゃあ観測結果を発表しろ。
 と怒りもしなかった。


「好きだ、好きだ」とやっていると、
周りが認めてくれる。
黙っていたら誰にも助けてもらえない。
好きなことはどんどんやること。
すると道が開ける。
意志あれば道ありだ。

topへ

大友美有紀 17年10月7日放送

074Kazuki17103_TP_V
「プラネタリウム解説員/河原郁夫」ボール紙の望遠鏡



86歳の現役プラネタリウム解説員、河原郁夫は、
幼い頃、貧しくて食べるものもない時代、
星がきれいだったことが救いだった。

 あの星の光が地球に届くまで何年かかるのだろう。
 あの惑星には生物はいるだろうか。
 そんな想像をしながら星を眺めていると
 辛いこともみんな忘れられました。


小学校5年生になると河原少年は、
自分で望遠鏡を作って星の観察を始める。
筒はボール紙、三脚はカメラのもの。
合計10台ぐらい。
家の物干し台を「河原天文台」と呼んで
観測基地にしていた。
夢中になれるものがある。
それは幸運だと、河原はいう。

topへ

大友美有紀 17年10月7日放送

PIA09793_modest
「プラネタリウム解説員/河原郁夫」プラネタリウムとの出会い

1

昭和15年、河原郁夫は小学4年生、
父親に連れられて、有楽町に出来たばかりの
プラネタリウムにでかけた。
こんなに素晴らしいものがあるのかと思った。
星空を映す大きなドーム。
真ん中にはドイツ製の大きな投影機。
BGMは「ツィゴイネルワイゼン」。
河原少年はその空間すべてが気に入ってしまった。

 当時、戦時中で灯火管制をしていましたから、
 空が真っ暗で、星がよく見えたものです。
 本当にプラネタリウムで教わったとおりに見えた。
 おかげでたちまち星座を覚えました。

河原郁夫、86歳。
「かわさき宙(そら)と緑の科学館」で
プラネタリウム解説員を務めている。

topへ


login