2017 年 10 月 15 日 のアーカイブ

奥村広乃 17年10月15日放送

171015-01
ニーチェ 膨大な時間

173年前の今日は、
哲学者ニーチェが生まれた日。

彼は、
活発に遊びまわるよりも、
家の中で静かに一人で過ごすことを好んだ。
今風に言えば「引きこもり
だったそうだ。

スマホもネットもない時代。
彼は膨大な時間を
考えること、そして書くことに費やした。

彼はこんな言葉を残している。

「高く昇ろうと思うなら、自分の足を使う。
 高いところへは、他人に運ばれてはならない。」


24歳という異例の若さでバーゼル大学の
古典文献学の教授に抜擢。
生涯で多くの本を出版したニーチェ。
自らの努力を信じていたのだろう。


topへ

澁江俊一 17年10月15日放送

171015-02
ニーチェ 強さの奥にあるもの

173年前の今日は、
哲学者ニーチェが生まれた日。

神は死んだ。
このあまりにも有名で強烈な言葉だけで
ニーチェを遠ざけるのはもったいない。

ニーチェがこの言葉に込めたのは
神は死んだのだから
人間らしく生きようという
人生を肯定する希望のメッセージだ。

超人。
これもニーチェの強烈な言葉だが
みんながやるからやるという基準ではなく
どんなに意味のない世の中でも
妬みや、恨みを持たず
自分のルールで物事を判断すれば
前向きに生きられる、
そんな人間になれというメッセージだ。

どんな常識にも流されず
本質を深く深く掘り当てたニーチェの言葉は
情報が溢れすぎた現代に
生きていく勇気をくれる。


topへ

澁江俊一 17年10月15日放送

171015-03 Huss Khzam
ニーチェ 価値の転換

173年前の今日は、
哲学者ニーチェが生まれた日。

キリスト教の「隣人愛」は
自分よりも他人を愛しなさいと教える。
しかしニーチェはどうすれば自分が
もっと快活に生きられるかを徹底的に考え抜いた。

そんなニーチェの人生は苦悩に満ちていた。
激しい恋の末の失恋。親友との決別と孤独。
精神が壊れるギリギリの状態を
苦しみ切ることでたどり着いたのは
よりよい人生を生きるための価値の転換だった。

自分はいつか人類に最大の贈り物をするんだ。
そう自負して出版した「ツァラトゥストラ」は
しかし、ほとんど見向きもされなかった。
世界が彼の言葉の真の価値に気づいたのは、
ついに精神を病んだニーチェの死後、半世紀以上後のこと。

 大きな苦痛こそ
 精神の最後の解放者である。


苦しみの底でも
希望を捨てなかった男の言葉は重い。


topへ

奥村広乃 17年10月15日放送

171015-04
ニーチェ 病気について

173年前の今日は、
哲学者ニーチェが生まれた日。

彼は病気がちだった。
赤痢や、ジフテリア。
大学を辞職したのも、
持病の悪化があったからだと言われる。

彼は病を患っている人について、
こう考えていた。

重い病気に苦しむ人は、
体力こそ十分ではないが、
とても冷静な眼差しで
物事を見つめることができる人だ、と。

ニーチェは晩年、
その魂を削るようなハイペースで
執筆活動を行なった。

彼はこう残している。

「自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。」


topへ

澁江俊一 17年10月15日放送

171015-05 aftab.
ニーチェ ニヒリズムからの脱出

173年前の今日は、
哲学者ニーチェが生まれた日。

ニーチェは20世紀と21世紀を
ニヒリズムの時代だと予言した。
つまり2017年の私たちは
ニヒリズムの真っ只中を生きているのだ。

安楽がよい、冒険しない、憧れというものを持たない。
それがニヒリズムである。
あなたはどうだろう?
ニヒリズムに浸ってはいないだろうか?

何をしても無駄に思える。
すべてのものには価値がないと感じてしまう。
現代人も陥りがちなこの状況をどう克服して
自らの意志でささやかな幸せをつかみ
よりよい人生にするか。
それはニーチェが挑んだ大きなテーマだった。

真実の山では、
登って無駄に終わることは決してない。

と、彼は言う。
まず意志を持ち行動することが
ニヒリズムから抜け出す第一歩なのだ。


topへ

松岡康 17年10月15日放送

171015-06
ニーチェ SNSとニーチェ

173年前の今日は、
哲学者ニーチェが生まれた日。

彼が残した言葉は、SNS社会を生きる私たちにも
様々な示唆を与えてくれる。

彼は友人についてこう語っている。

 できるだけ多くの友人を欲しがり、
 知り合っただけで友人と認め、
 いつも誰か仲間と一緒にいないと落ち着かないのは、
 自分が危険な状態になっているという証拠だ。


SNSでかんたんに友達になってしまう。
友達から、ついついイイね!を欲しがってしまう。

今の私たちを見てニーチェだったらなんというだろうか。

現代にこそ、彼の言葉は必要なのかもしれない。


topへ

礒部建多 17年10月15日放送

171015-07
ニーチェ 孤独と創作

173年前の今日は、
哲学者ニーチェが生まれた日。

「私の一切の努力は、
 理想的な屋根裏部屋の孤独を実現することだ。」


ニーチェは、自ら孤独をつくりあげることで、創作に励んできた。

「ツァラトゥストラ」の全篇は、
孤独に捧げられた熱烈な賛歌だと述べている。

しかし、一人の人間としてのニーチェは、
孤独についてこう語る。

「孤独な人間がよく笑う理由を、多分私は最もよく知っている。
 孤独な人はあまりに深く苦しんだために
 笑いを発明しなくてはならなかったのだ。」


数え切れないほどの孤独を、
ニーチェは創作にぶつけるしかなかったのかもしれない。


topへ

礒部建多 17年10月15日放送

171015-08
ニーチェ 音楽と幸福

173年前の今日は、
哲学者ニーチェが生まれた日。

ニーチェは音楽をこよなく愛していたことでも有名だ。
自身で作曲もしていたし、
音楽の存在が、思索にも影響を与えた。

音楽の与える力を哲学化し、
他の芸術ジャンルに対する優位性を、
声高に主張したのが、「悲劇の誕生」であった。
ショーペンハウアーとヴァーグナーの芸術観の影響を
色濃く引き継いだものでもある。

「音楽がなければ、人生は誤謬であろう。」

ここまで言い切るニーチェは、さらにこうも述べる。

「幸福に必要なものは、ほんのわずかなものでいい。
 例えば、一つの風笛の音色でいいのだ。」




topへ


login