澁江俊一 18年10月14日放送

181014-02
北斎と円

世界中の芸術家に影響を与えた
日本を代表する画家、葛飾北斎。

北斎が絵を描くときに使っていたのは
筆だけではない。
ぶんまわしと呼ばれる
竹で作られたコンパスを使って
いくつもの円を書きながら
北斎は絵の構図を決めていた。
最も有名な神奈川沖浪裏も
19の円を描いて構図を決めたとされている。

すべてのものはぶんまわしと
定規があれば書けるとも語っていた北斎。
何気ない風景の中にも
たくさんの円と線が見えていたのだろう。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login