2018 年 10 月 7 日 のアーカイブ

大友美有紀 18年10月7日放送

181007-01 Photo by ajari
「低い山・近い山」 八王子市・高尾山

ミシュランの三ツ星を獲得した高尾山。
東京の小学生にとって、そこは遠足の山だ。
初心者向けから上級者好みのコースまで、
高尾山には10を超える登山コースがある。
標高599メートル。
低学年の子どもたちは、ケーブルカーかリフトで
中腹まで登り、そこから1時間ほどかけて山頂まで行く。
学年が上がるにつれ、難易度の高いコースを登っていく。

 中腹の駅まで
 ケーブルカーで約6分
 リフトなら12分ほど。
 
駅を出ると高尾山ビアマウントがある。
大人の遠足では、ここを素通りする方が
難易度が高いだろう。


topへ

大友美有紀 18年10月7日放送

181007-02 Photo by koji_h
「低い山・近い山」 新宿区・箱根山

山手線内で一番高い山は、箱根山。
新宿の戸山公園内にある。標高44.6メートル。
江戸時代、尾張藩の下屋敷があった場所。
二代藩主の徳川光友が庭園を造った際、
池を掘った土でつくった築山。人工の山だ。
当初はお椀を伏せたような形で
玉円峰(ぎょくえんぽう)と呼ばれていた。
のちに庭園のなかに、宿場風の町家が並び、
ここを小田原宿に見立てて
箱根山と呼ばれるようになった。

 駒下駄で越すハ御庭の箱根山

文化5年、1807年の川柳にも詠まれている。
頂上まで登ると、登頂証明書がもらえる。
気軽に越せる「天下の険」だ。


topへ

大友美有紀 18年10月7日放送

181007-03 Photo by Rubber Soul
「低い山・近い山」 港区・愛宕山

山手線内でいちばん高い人工の山は、新宿の箱根山。
では23区に自然地形の山はあるのだろうか。
それは、港区の愛宕神社がある愛宕山。
標高25.7メートル。天然の山で、23区内でいちばん高い。
神社正面の急な石段を登っていくと、三角点がある。
これは、山である証。
江戸開府のおり、徳川家康の命により、
山頂に愛宕神社が創設された。
江戸のいちばん高い場所に、
防火の神様として祀られたのだ。
当時は、山頂から町並みや芝浦、品川の海が見渡せた。
数多くの浮世絵も描かれている。

 多くの人が茶屋から眺めを楽しんでいる
 急な石段をそろりそろりと降りていく人々もいる
 眼下には江戸の町並み
 遠くには海と船


広重が描いた「芝愛宕山上見晴之図 」。
見晴らしがいいことから、お月見の時期などは
人気のスポットだった。
今ではもうビルに遮られて海は見えない。
でも見上げれば、空は見える。
23区内のいちばん高い山で、
月を眺めてみてはいかが。


topへ

大友美有紀 18年10月7日放送

181007-04 Photo by *_*
「低い山・近い山」 文京区・椿山(つばきやま)

文京区は、青梅を頂点とする武蔵野台地の最東端。
5つの台地がある、坂の多い区だ。
その台地のひとつ、関口台地には南北朝の頃から
椿が自生する美しい場所だった。
椿山(つばきやま)と呼ばれていた。
このあたりには黒田備前守の下屋敷や
松尾芭蕉の庵もあったという。

 明治11年、1878年、軍人で政治家の
 山縣有朋が私財を投じ、つばきやまを購入。
 庭と邸宅をつくった。
 
山縣は、椿山荘(ちんざんそう)と命名する。
そう、現在ここには、ホテル椿山荘がある。


topへ

大友美有紀 18年10月7日放送

181007-05
「低い山・近い山」 北区・飛鳥山

北区の飛鳥山。標高は25メートルほど。
東京の低地との境界、武蔵野台地の北端にある。
飛鳥明神神社が祀られていたことが山名の由来だ。
8代将軍徳川吉宗が1270本もの桜を植えさせた。
桜が根付いて、花が咲くようになると、
水茶屋をつくることを許可し庶民に開放した。
今でも飛鳥山は花見の名所として知られている。
 
 江戸名所図会に「春花秋草夏凉冬雪眺あるの勝地なり」と記されている。
(しゅんか・しゅうそう・かりょう・とうせつながめ・あるの・しょうちなり)
 富士山や筑波山を眺めることもできた。
 近隣には王子稲荷や滝などの見どころもあった。

現在、飛鳥山には
ソメイヨシノ・サトザクラなどが約600本。
つつじは約10種・15000株。
京浜東北線沿いには、あじさいが約1300株。
芽吹き、花が咲き、新緑となり、葉が落ち、枝振りを楽しむ。
かつてと変わらず、四季を通じて訪れたくなる場所である。


topへ

大友美有紀 18年10月7日放送

181007-06 Photo by Quercus acuta
「低い山・近い山」 横須賀市・鷹取山

神奈川・横須賀市と逗子市の境界近くにある、鷹取山。
標高139メートル。
石材採取の山だったため、垂直に切り立った岩壁と
岩峰(いわみね)が残っている。
なんとも奇怪な印象を受ける山だ。

 鎌倉時代、三浦氏の領地で
 猟師が巣立鷹を献上していた
 太田道灌が鷹狩りに訪れていた。
 
鷹取の山名の由来はさまざまだが、
高いところを示す「タカットー」という言葉が
「タカトリ」となり、
猛禽類の鷹と取るの文字を当てたという説もある。
見上げる岩山に圧倒された思いが伝わってくる。


topへ

大友美有紀 18年10月7日放送

181007-07 Photo by studio-IRONY
「低い山・近い山」 目黒区・西郷山

国道246号線を渋谷を背にして進み、
旧山手通りを左に入って少し行くと西郷山がある。
ここは正確には山ではない。
台地の端で、目黒からは登っていくことになる。
だから「山」と呼ばれていた。

 下野した西郷隆盛のために
 弟、従道(じゅうどう)が手に入れた屋敷があった。
 地形を生かした広い庭園には、洋館、書院造りの和館などを配し、
 回遊式とした。東京一の名庭園とも言われた。

今では西郷山といえば、桜の名所だ。
20メートル落差がある人工の滝や、
晴れた日には富士山が見える展望台もある。
地形を生かした公園となり、多くの人をくつろがせている。


topへ

大友美有紀 18年10月7日放送

181007-08 Photo by Thirteen-fri
「低い山・近い山」 富士塚

江戸時代、富士信仰があり、
各地に富士山に見立てた富士塚が築かれた。
都内に富士塚は100ヶ所以上あるといわれている。
なかでも、最も古いとされるのが
千駄ヶ谷の鳩森八幡神社の富士塚だ。

 寛政元年、1789年に築造されたといわている。
 富士山の溶岩が頂上近くに配され、
 登山道は自然岩の階段になっている。

6月の終わりから7月のあたまの、
富士山の開山日に合わせて、富士塚も山開きを行なう。
この日にだけ登ることができる都内の富士山に、
チャレンジしてみてはどうだろう。


topへ


login