佐藤延夫 18年12月1日放送

181201-04 Mitantig
Christmas Sweets ビュッシュ・ド・ノエル

フランス生まれのクリスマススイーツといえば、
ビュッシュ・ド・ノエル。
クリスマスの薪、という意味だ。
丸太や薪をクリスマスに燃やす風習は
昔からヨーロッパ各地にあり、
その炎には神秘的な力が宿ると信じられていた。
ビュッシュ・ド・ノエルがお菓子に変わったのは、
19世紀後半と言われている。
「クリスマスが終わっても、希望の炎は消えないように。」
大きな暖炉も、本物の丸太もいらないお菓子にすれば、
どんな家庭でも、その願いは叶えられる。

今や世界中で、クリスマスの美味しい丸太が出回っている。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login