2019 年 1 月 5 日 のアーカイブ

佐藤延夫 19年1月5日放送

190105-01 Armin Rodler
世界のお正月 オーストリア

オーストリアのお正月は、ペルヒトの日から始まる。

ペルヒトというのは、伝説に登場する夜の魔女のこと。
目は真っ赤で、大きな鼻がねじれているのが特徴だ。
1月初旬、人々はペルヒトの格好をして街を練り歩き、
沿道の人を脅かしてまわる。
一方、光り輝く帽子に、鹿の角や鳥の羽を貼り付けた、
美しいペルヒトも現れる。

これは冬の神と、春の神の争いを意味する。
醜い冬を追放し、美しい春を待つ人々の願いが
込められている。


topへ

佐藤延夫 19年1月5日放送

190105-02
世界のお正月 タイ

タイの正月は、1年に3回ある。

元日と、中国の旧正月。
そしてタイのお正月、ソンクラーン。
年始の正月は、お寺でお参りとお布施を済ませ、
親戚が集まって食事をするというシンプルなもの。
1月3日には通常の暮らしに戻っているそうだ。
メインのお正月は、4月に待っているソンクラーン。
水掛け祭りとも言われ、人々は手当たり次第に水を撒き散らす。

3回も正月があると、パワーバランスも変わってくる。


topへ

佐藤延夫 19年1月5日放送

190105-03 Haags Uitburo
世界のお正月 オランダ

オランダの新年は、花火の音で幕を開ける。

大晦日の夜から、一般市民でも花火を打ち上げることが許可されており
町中は爆音に包まれるそうだ。

そして、国内数十か所の海や湖で、寒中水泳が行われる。
リゾート地スヘーフェニンゲンのビーチでは、
毎年1万人以上が、凍えながら冬の北海に飛び込む。
水着だけではなく、スーツや映画のコスチュームなど、
おもいおもいの格好で、波に向かって走っていく。

オランダの新年は、とにかく派手だ。


topへ

佐藤延夫 19年1月5日放送

190105-04 photojenni
世界のお正月 スコットランド

スコットランドの新年は、ホグマネイの真っ最中だ。
その祭の起源は諸説あるが、
遥か昔、侵略に来たバイキングを追い払う儀式から生まれたとされる。

人々は大晦日までにしっかり片付けを済ませ、
1月1日午前0時を知らせる鐘がなると
家にやってくる訪問者を待ちわびる。
それはファーストフッティングと呼ばれ、
年が明けて最初に家に足を踏み入れる人で運試しをする行事だ。
幸運をもたらすと言われるのは、
男性で、黒髪。背が高くてハンサムだとなお良し。

ちなみに、それに該当する男性は大人気のため、
予約制になっているとか。

一年の始まりは、縁起良くありたいものですね。


topへ

佐藤延夫 19年1月5日放送

190105-05 Rob Swystun
世界のお正月 ヨーロッパ

新年を、不思議な儀式で祝う国がある。

12粒のぶどうを食べるのは、スペイン。
鐘の音に合わせて食べ切ると幸運が訪れるとか。

元日に7回も食事をするのは、エストニア。
食べ物に不自由しないように、という願いが込められているそうだ。

イタリアは、レンズ豆を食べると金運が上がると言われ、
デンマークでは、お皿を隣の家に投げつける。
玄関に割れた食器がたくさんある家ほど幸せ。

日本のおせち料理も、
ほかの国から見たら、ちょっと不思議に映るかもしれない。


topへ


login