大友美有紀 19年1月6日放送

190106-01 Junnn
「雪国の暮らし」ケの汁

平成最後の正月、お節料理やお雑煮、
楽しみましたか?
青森県、津軽地方にケの汁という
郷土料理があります。
大根、にんじん、ごぼうなどの根菜類、
ワラビ、ゼンマイなどの山菜、
油揚げや凍み豆腐などを煮込んで醤油や味噌で味を付けます。
家庭によって味付けや具は違うのでしょうけれど、
大晦日につくって、正月は餅を入れて、
雑煮のようにして食べるといいます。

「ケ」は、粥、飢饉の飢、会うという字の会から
来ているなど、諸説あります。

新鮮な野菜が手に入らなかった雪国の正月、
囲炉裏にかけた大鍋でケの汁をグツグツ煮込む。
それを囲んで親戚が集う。

かつてはそんな光景があったのかもしれません。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login