大友美有紀 19年1月6日放送

190106-08 まさお
「雪国の暮らし」大雪の予兆・植物

雪国の人が大雪を予測したのは、
虫や動物の行動だけではありません。
植物の成長にも目を向け、降雪量のサインを
感じとってきました。

特に蔓や茎。
大豆、葛、藤、ソバが高く伸びていると
次の冬は雪が多いと言われてきました。

自然を見つめ、自然を感じる。
雪国の人にとって、
それは生きることに近い行いだったのでしょう。
今年の雪は、どれくらい降るのでしょうか。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login