佐藤延夫 19年4月6日放送

Evgeni Zotov
宇宙の地図 敦煌

星の場所を表す星図で最も古いものは、
中国北西部、敦煌の代表的な石窟(せっくつ)、莫高窟(ばっこうくつ)で発見された。
唐の時代の巻物で、
7世紀から10世紀あたりまで遡る。
この天文図では、
1339個の星が名前付きで記されている。
それは、中国から見える北半球の星のすべてだった。

宇宙を示すこの地図は、
シルクロードを渡ったのだろうか。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login