森由里佳 19年6月9日放送

chikache
梅雨 雨の名前

梅雨にもいろいろある。

たとえば、降るときは激しく降り、
止むときはすっきり晴れるときは、男梅雨。
強くはないが、しとしとと降り続けるときは、女梅雨という。

時代ごとの男女の印象が色濃く表れたこれらの言葉。

今だったら、どんな名前がつくのだろう。

少なくとも、
雨があがった大空には、
男も女もない、鮮やかな虹色が良く似合う。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login