山本貴宏 20年3月15日放送


桜のはなし 暴れん坊将軍

お花見は昔、貴族や武士だけが家の庭や敷地内でするものだった。
庶民が花見をする場所を作ったのは、江戸幕府の8代将軍、徳川吉宗だった。

「享保の改革」の一環として浅草や飛鳥山に桜を植えて、
さらには花見客用の飲食店までつくらせ、
一般庶民も桜を楽しめるようにと環境を整えたのがはじまりと言われている。

度重なる放火など、治安が悪かった当時
庶民に花見という娯楽を与えることで人の心を安定させようとしたのだ。

300年の時が過ぎた2020年、忙しない春の日には
粋な暴れん坊将軍の心意気を感じながら花見を楽しんでみると、
また格別かもしれない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login