大友美有紀 20年4月5日放送

Bjørn Christian Tørrissen
イースター島  モアイの眼

今日はイースター島が発見された日。
モアイ像で有名な島。
モアイには「眼」があるのを知っていますか。

1978年、モアイを修復中の考古学者チームが、
砂の中からあるものを発見しました。
赤い凝灰岩(ぎょうかいがん)と白サンゴを
組み合わせたもの。
それをモアイの眼の部分にはめてみると、
ぴったりとおさまりました。

それこそがモアイの眼。
ただ、「眼」が見つかったのは、ごく一部のモアイだけ。
きっと、特別な儀式の時だけ「眼」を装着したのでしょう。
どんな儀式か、今では知るすべもありませんけれど。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login