蛭田瑞穂 20年4月12日放送

Herman Saksono
パンの話 ささやかだけれど、役に立つこと

アメリカの作家レイモンド・カーヴァーの作品に
『ささやかだけれど、役に立つこと』という短編小説がある。

作中、不慮の事故により悲しみを負った夫婦に、
パン屋の主人がこう語りかける。

 何か召し上がらなくちゃいけませんよ。
 よかったら、あたしが焼いた温かいロールパンを食べてください。
 ちゃんと食べてがんばって生きていかなきゃならんのだから。
 こんなときには、ものを食べることです。
 それはささやかなことですが、助けになります。

どんな時も、食べることは希望になる。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA