大友美有紀 20年4月5日放送

Dan Lundberg
イースター島  日本人が立てたモアイ

今日はイースター島が発見された日。
謎の巨大石像、モアイの島。
モアイ像のことをテレビ番組で知った、
という人も多いでしょう。

1988年、当時の知事で考古学者でもある
セルヒオ・ラプが日本のテレビ番組に出演。
クレーンがあれば、倒れたモアイ像を復元することができるのに、
と語りました。
それを見ていた日本のクレーン会社の社員が、
自社のクレーンで立ててあげたいと考えたのです。
そこからプロジェクトが発足。
モアイの吊り上げ方法の模索、
クレーンの搬入方法の検討、
考古学的手続きの必要性。
さまざまな課題を乗り越え、
1995年、15体のモアイが復元され見事に立ち上がったのです。


topへ

大友美有紀 20年4月5日放送

TravelingOtter
イースター島  プカオ

今日はイースター島が発見された日。
モアイ像には、プカオと呼ばれる
赤い帽子のようなものが乗せられていたとされます。

17世紀にイースター島を訪れた西洋人は、
島の男性が「髷」を結っていたと記録しています。
かつて高貴な人々は神や王から霊力を賜るために
髪を切ることが許されずに髷を結っていたともいいます。
赤い凝灰岩を円柱形に掘り出しだしたプカオ。
モアイ像が高貴で特別な存在であることの
証のようです。


topへ

大友美有紀 20年4月5日放送

Sheep”R”Us
イースター島  鳥人儀礼

今日はイースター島が発見された日。
島には「鳥人儀礼」も伝えられています。
春、島の最南端沖の小さな岩場に、
渡り鳥が飛来します。
その最初の卵を持ち帰った者は、
神の化身になれるのです。
岩場まで、絶壁をくだり1.5キロほど泳ぐ危険な儀式。

絶海の孤島の住人には、自由に羽ばたく鳥は、
神のごとく思えたのかもしれません。


topへ

佐藤延夫 20年4月4日放送


時間とは  アウグスティヌスの言葉

ローマ帝国の神学者、アウグスティヌスは云った。

 時間とはなんであるか。
 誰も私にそれを問わなければ、私は知っている。
 しかし、誰か問う者に説明しようと思うと、私は知らないのである。


当時は、昼夜の1時間の長さが季節によって変化する不定時法だった。

時は流れ、1950年代。
人は時計の性能を追い求め、
英国海軍のクルーにより耐久性のテストが行われた。
マイナス66.1度、犬ぞりで氷の上を移動するなど過酷な条件だったが、
チューダーの腕時計、オイスター プリンスは正しい時を刻み続けた。

曖昧だった時間が、少しだけクリアになった。


topへ

佐藤延夫 20年4月4日放送


時間とは  時の詩

イギリスの詩人、
ウイリアム・ブレイクは、こんな言葉を残した。

 砂ひと粒に世界を見る
 花ひとつに天界を見る
 君の手のひらの中に無限を捉え
 一時の間に永遠を捉える


1950年代、
時計の性能を競い合った時代。
スイスの腕時計メーカー、チューダーによる耐久性のテストが、
過酷な条件のもとで行われた。

252時間、手作業で採掘を行う炭鉱作業員が着用する。

それでも腕時計は単位を乱すことなく、正しい時を刻み続けた。

少しだけ、永遠が見えた。


topへ

佐藤延夫 20年4月4日放送

JaredEarle
時間とは  1秒の定義

1秒とは、なんだろう。
その疑問の答えは、
1967年に定められた「秒の定義」が教えてくれる。

秒はセシウム133原子の基底状態にある2つの超微細構造準位の間の
遷移に対応する放射の91億9263万1770周期の継続時間。

かなりわかりにくいが、
時間とは、周期運動でたとえることができる。

それより少し前の1950年代。
スイスの腕時計メーカー、チューダーによる耐久性のテストは、
過酷な条件のもとで行われた。

30時間、空気ドリルの振動がある環境で腕時計を使用する。

それでも時計は、正しい時を刻み続けた。
自らの周期を守りながら。


topへ

佐藤延夫 20年4月4日放送


時間とは  火星の時間

地球の1年は、およそ365日。
1日は、およそ24時間。
違う惑星に移り住んだら、
もちろん1年や1日の長さは変わってくる。

たとえば火星の場合、
1年は、地球の時間で換算すると、687日。
1日は、24時間と40秒。
1日の長さは地球とさほど変わらない。
時間とは不思議なものだ。

1950年代。
スイスの腕時計メーカー、チューダーによる耐久性のテストが、
過酷な条件のもとで行われた。

1カ月間、金属の梁の固定作業を行う建設現場で腕時計を着用する。

それでも時計は、正しい時を示し続けた。

いつか火星に移住しても、
私たちの時計は、きっと素晴らしい精度で時を刻んでくれるだろう。


topへ

佐藤延夫 20年4月4日放送


時間とは  ベルクソンの時間

時間には、ニュートンの時間と
ベルクソンの時間があるという。

ニュートンの時間は物理的なそれであり、
ベルクソンの時間は、私たちが経験しながら続いていく時間。
わかりやすく言うと、
記憶に残る時間が長いほど1日が長く感じるようなこと。

1950年代。
スイスの腕時計メーカー、チューダーによる耐久性のテストは、
過酷な条件のもとで行われた。

バイクレーサーが腕時計を着用し、1000マイルを走破する。

それでも時計は、正しい時を刻み続けた。

正確な時間があるところに、思い出深い1日が待っている。


topへ

石橋涼子 20年3月29日放送

Jonathan Baker-Bates
春野菜のはなし  春野菜がきた

春の訪れに気づくのは、どんな時だろうか。

梅の花が咲いて、桃も咲いて、
いよいよ桜もほころんでいると気づいた時だろうか。

ぽかぽかと温かい日差しを浴びて、
冬用のコートが重く感じたら。
春色の華やかな洋服を着たくなったら。

4月から始まる新生活を前にして
人々の表情が、ちょっと、前向きに見えたら。

もし、まだ春の予感を感じていない場合は、
スーパーマーケットに行くと良い。
春キャベツ、アスパラ、菜の花にフキノトウ…
この季節しか出会えない野菜たちが
みずみずしい春の訪れを告げてくれるだろう。

栄養たっぷり、生命力にあふれた春野菜を食べながら
季節の変わり目を楽しんでみませんか。


topへ

石橋涼子 20年3月29日放送

Haragayato
春野菜のはなし  たけのこ前線

春が来て温かな日差しを感じると、
土の中からひょっこり顔を出す、たけのこ。

たけのこを漢字で書くと、竹冠に旬。
これは、一旬で竹になる、という意味で
たけのこの成長の早さを表している。

柔らかく甘みのある春のたけのこは、
収穫後もどんどん成長してえぐみが強くなるので
下処理は時間との戦いだ。

料理好きで知られる文豪の檀一雄は、
たけのこはとにかく掘った、食った、が良いと語る。
春になると、竹林の中に分け入って
掘り立てを焼いて食べるために東奔西走するという。

さすがに竹林で焼くのは難しいが、
とれたてのおいしさを求めて産地を訪れる人は多い。

日本の食卓で親しまれている孟宗竹は
2月下旬に九州で出回り始めて
3ヶ月ほどかけて東北に達する。

桜前線ならぬ、たけのこ前線だ。


topへ