小山佳奈 09年9月12日放送

Tsiolkovsky

ツィオルコフスキー


宇宙には音がない。
あるのはどこまでも続く静寂。


ロケットが宇宙に行けることを
世界で初めて証明した
ツィオルコフスキー。


9歳で聴覚を失い
中学校にも入れなかった彼は、
ほぼ独学で宇宙と向き合い、
宇宙を手にした。


耳の聞こえない彼にとって
宇宙は誰よりも公平だと
彼は思ったのかもしれない。



von_Braun

フォン・ブラウン


ただ月に近づきたかった。
ただ月をその手につかみたかった。


宇宙を夢見るフォン・ブラウン少年は
ヒトラー率いるドイツ陸軍の下、
ひたすらロケットを作り続ける。


大戦後、
NASAにスカウトされ、
アポロ11号を月へと導いたブラウンは、
ナチスに協力した過去を問われた時、
こう答えた。



私は宇宙へ人間を飛ばす目的のためならば、
悪魔と手を握っても働き続けたいと思った。


夢は大きければ大きいほど
その分の覚悟を要求してくる。







3

糸川英夫


「太平洋を20分で横断するロケットをつくる」と宣言した時も。
23センチのペンシルロケットを打ち上げた時も。
周りの大人たちは失笑し、あるいは嘲笑した。


糸川英夫はそんな大人たちに目もくれず
せっせと宇宙に近づいた。


しかしその膨張するやっかみは
彼をすっぽりのみ込んで
憧れ続けた宇宙を彼から奪った。


いま太陽系には
イトカワという名前の小惑星がある。


糸川が死んだ後、大人たちがつけた。
その功績をたたえて。


今ごろ糸川は地球を見下ろし
何が功績だと笑っているに違いない。



4

ジョン・グレン


77歳で宇宙飛行士となったジョン・グレン。
彼は記者会見でこんな質問を投げかけられた。



無重力を老人に試す実験なら
上院議員のあなたではなく
66歳で現役飛行士の
ジョン・ヤングが行くべきでは。


彼はニヤリと笑って
こう答えた。



He is too young.


やはり彼は
宇宙にふさわしい。



5

ジョン・ヤング


宇宙飛行士ジョン・ヤングはかねてより
チューブの味気ない宇宙食に耐えかねていた。


彼は特注のターキー・サンドウィッチを
ロケット内に持ち込むことを目論んだ。
もちろんそれは見つかって
こっぴどく叱られたけれど。


そういえば
「2001年宇宙の旅」にも
ハムやチキンのサンドイッチを
飛行士たちがほおばるシーンがある。


少なくとも人間の食欲は
無重力にも負けない。


食欲の秋。
大いにけっこうじゃないですか。


6

ニール・アームストロング


人類で初めて月に降り立った
ニール・アームストロング。


彼は月へと向かうアポロ11号の中で
サミュエル・J・ホフマンの
「月からの音楽」をよく聴いた。


この曲にはテルミンが使われている。
奇妙にあたたかいその電子音は、
宇宙と自分とつなぐ糸だったかもしれない。


彼は地球上のどの詩人よりも
ロマンチストであった。



1340979055_a669e8cc70

毛利衛


空の美しい街に生まれた少年は
空を見上げて育った。


毎日毎日空を見上げているうちに、
少年は宇宙飛行士になっていた。


17年前の今日、
空を見上げて育った少年、毛利衛は
颯爽と宇宙へ飛び立った。


宇宙。
たったその2文字に
どれだけの時間と才能が
費やされたことだろう。


人間はそれでもまだ引きつけられる。
宇宙はやはりブラックホールだ。


今日は宇宙の日。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA